君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

施工事例

君津市宮下2丁目A・T様邸外壁塗装・屋根塗装

リフォーム概要

施工宅

A・T様

住所

君津市宮下2丁目

施工完了日

2023/2/15

工事内容

□外壁塗装SDサーフエポプレミアム・エスケープレミアムNADシリコン□屋根塗装エポサビα・エスケープレミアムルーフSi□破風板塗装□軒天塗装□雨樋塗装□シャッターBOX塗装□玄関・勝手口塗装□その他 ACカバー 小物等塗装□コーキング工事

工期

約2週間

使用塗装

□外壁塗装SDサーフエポプレミアム・エスケープレミアムNADシリコン□屋根塗装エポサビα・エスケープレミアムルーフSi

施工前(外壁)

工事前の外壁

施工前(屋根)

洗浄

高圧マイクロ洗浄は、高圧で噴射された水を使用して表面を洗浄する工程です。この洗浄法は、圧力をかけた水の勢いで汚れを落とすことができ、油汚れや日焼けなどの表面汚れを効率的かつ簡単に除去することができます。また、高圧マイクロ洗浄は、表面処理の前段階の工程であり、塗装を行う前に表面を清掃し、汚れや脂質、塗装はがれなどを取り除くことができるため、塗装の耐久性や仕上がりの品質を向上させることができます。

コーキング施工

下地調整(ひび割れ)

「ケレン」とは、塗料などが古い塗膜や汚れ、さびなどの表面を除去する作業のことです。具体的には、研削剤を使った機械的な研磨や、研磨剤を含んだ薬品を用いた化学的な洗浄など、方法は様々あります。この作業が行われることで、新しい塗料が古い塗膜や汚れに密着して密閉された状態で塗られるため、塗り面の品質向上や耐久性向上などの効果が期待できます。

養生

養生とは外壁塗装時における塗料の飛散防止のための保護作業のことです。塗料の飛散を防ぐために、 高圧洗浄作業や下地処理が終わると塗装しない部分にしっかりと養生を行います。

外壁下塗り

下地強化剤は、建物や構造物の基礎や壁など、塗料を塗る前に下地を強化するために用いられる薬剤です。下地強化剤は、下地の表面を引き締め、割れやヒビを修正することで塗料の密着力や耐久性を向上させます。下地強化剤を塗布することで、塗料の剥がれやヒビ割れなどを予防することができます。 下地強化剤の塗布方法は、下地表面を磨いて平滑に整えた後、刷毛やローラーなどで薄く均等に塗ることが一般的です。下地強化剤は、塗布してからしばらく時間をおいてから塗料を塗布する必要があります。このような作業を下地調整といい、塗料の仕上がりを向上させるために欠かせない作業の一つです。

外壁中塗り

中塗りとは、建物や構造物の外壁や屋根などの外装塗装工程の一つで、下塗りと上塗りの間に行われる塗装作業のことを指します。下塗りで施工された下地処理の後、中塗りで中間の保護と耐候性を向上させてから上塗りをします。 中塗りの目的は、下塗りで表面を整えた後、表面の傷や凹凸などの不均等を埋めつつ、塗膜の艶や透明感を均等に調整し、上塗りをしやすくすることです。また、中塗りには塗料の密着性を高める役割があり、下塗りで処理した下地の保護効果も向上させることができます。 中塗りの塗料は、高分子樹脂や添加剤からなる塗料で、下塗りよりも塗膜が厚くなっています。また、一般的には、2液型中塗り塗料が使われることが多く、硬化剤を加えることで塗料の硬度や耐久性を高めることができます。

外壁上塗り

仕上げ塗りとは、建物や構造物の外壁や屋根などの外装塗装工程の一つで、中塗りの後に行われる、最終的な仕上げの塗装作業のことを指します。 仕上げ塗りの目的は、工程全体の仕上げとなるため、色や艶、撥水性、耐久性を良好に仕上げ、建物や構造物に美しさと寿命を与えます。また、最後の仕上げとなるため、美しさだけでなく、損傷や汚れなどから塗装面を保護することも求められます。 仕上げ塗りで使用される塗料は、一般的に中塗りよりも硬化剤の比率が多く、耐久性や耐候性が高い塗料です。外壁用の場合、一般的にはエマルション塗料やシリコン系塗料が使われます。また、屋根用の場合は、塗料の種類によって異なりますが、アクリル系やシリコン系の塗料が使われることが多いです。 仕上げ塗りにおいて、塗装には厳しい管理と技術が必要であり、塗装の進め方にも工夫が必要です。塗料の含有量や塗り方に気を配ることで、ムラや垂れ、塗り跡を防ぐことができます。また、気温や湿度、風向きといった環境条件にも配慮しなければなりません。 仕上げ塗りは、建物や構造物の外装に大きな影響を与える重要な工程です。適切な塗料の選択、塗装技術の習得、そして環境条件にも配慮しながら、美しさと耐久性を両立させることが求められます。

屋根下塗り

「サビ止め密着材塗り」 外壁塗装でサビ止め塗料を使うことの重要性は サビによるさらなる被害が起こらないようにするため サビをこれ以上発生させないためです。

屋根中塗り

中塗りとは、建物や構造物の外壁や屋根などの外装塗装工程の一つで、下塗りと上塗りの間に行われる塗装作業のことを指します。下塗りで施工された下地処理の後、中塗りで中間の保護と耐候性を向上させてから上塗りをします。 中塗りの目的は、下塗りで表面を整えた後、表面の傷や凹凸などの不均等を埋めつつ、塗膜の艶や透明感を均等に調整し、上塗りをしやすくすることです。また、中塗りには塗料の密着性を高める役割があり、下塗りで処理した下地の保護効果も向上させることができます。 中塗りの塗料は、高分子樹脂や添加剤からなる塗料で、下塗りよりも塗膜が厚くなっています。また、一般的には、2液型中塗り塗料が使われることが多く、硬化剤を加えることで塗料の硬度や耐久性を高めることができます。

屋根上塗り

RC-103 仕上げ塗りとは、建物や構造物の外壁や屋根などの外装塗装工程の一つで、中塗りの後に行われる、最終的な仕上げの塗装作業のことを指します。 仕上げ塗りの目的は、工程全体の仕上げとなるため、色や艶、撥水性、耐久性を良好に仕上げ、建物や構造物に美しさと寿命を与えます。また、最後の仕上げとなるため、美しさだけでなく、損傷や汚れなどから塗装面を保護することも求められます。 仕上げ塗りで使用される塗料は、一般的に中塗りよりも硬化剤の比率が多く、耐久性や耐候性が高い塗料です。外壁用の場合、一般的にはエマルション塗料やシリコン系塗料が使われます。また、屋根用の場合は、塗料の種類によって異なりますが、アクリル系やシリコン系の塗料が使われることが多いです。 仕上げ塗りにおいて、塗装には厳しい管理と技術が必要であり、塗装の進め方にも工夫が必要です。塗料の含有量や塗り方に気を配ることで、ムラや垂れ、塗り跡を防ぐことができます。また、気温や湿度、風向きといった環境条件にも配慮しなければなりません。 仕上げ塗りは、建物や構造物の外装に大きな影響を与える重要な工程です。適切な塗料の選択、塗装技術の習得、そして環境条件にも配慮しながら、美しさと耐久性を両立させることが求められます。

施工後

無料お見積もりはこちらから

  • 資料請求
  • お問い合わせ