君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

雨が及ぼす影響って?家の外壁塗装と雨の関係について解説!

2019年10月28日

「外壁塗装を検討している」
「塗装中に雨が降ったらどうなるのかが知りたい」
このように、塗装中に雨が降ったらどうなるのかわからない方が多くいらっしゃると思います。
塗料を塗っている時に雨が降ることに対して対応策を知っておかないと失敗するかもしれませんよね。
そこで今回は、雨が外壁塗装にもたらす影響と塗装の注意点について詳しく解説します。

 

□雨は塗装の大きな妨げになる

 

結論から述べると、塗装期間に雨が降ることは工事を大きく妨げます。
その理由は3つに分かれています。
1つ目は、塗装した部分に雨が混ざることでせっかく塗った塗料が雨と共に流れ落ちるからです。
流れ落ちると早い劣化を引き起こしたり、でこぼこした塗装になったりするので妨げになるのですね。
2つ目は、雨が混ざると塗料が薄くなるからです。
薄くなった塗料は本来の効果を発揮できないので、完璧な塗装は期待できません。
そして3つ目は、雨による水分や湿気の多さから塗料の乾くスピードが落ちるからです。
塗装は塗料の層を作るように塗る作業で、ちゃんと乾いてから塗り始めることがかなり大切です。
こういった背景から雨が降ることは塗装にとって妨げとなります。

 

□雨が降ったらどうなるのか

 

それでは実際に工事が始まった時に雨が降った場合どうなるのかを解説します。
雨が降ったらその時点で塗装は一旦中止せざるを得ません。
その理由は上記に書いているような、雨と塗料の相性の悪さが原因です。
中止になった工事は延期するしかないので、通常かかるはずであった日数よりも多く時期を要します。
延期になった分は追加で費用を請求されることはほぼないですが、あまりにも長引いた場合は求められるかもしれません。

 

□注意点

 

雨は塗装と相性が悪いことがわかった上で注意するべきポイントは、まずは雨を気にしすぎないことです。
雨のことばかり意識しながら塗装を進めては肝心な内容に注意が向かなくなります。
雨が降った時はしょうがないと割り切るくらいの気持ちでいる方が塗装自体は満足いく結果になるでしょう。
そして、結局塗装がうまくいくかどうかは塗装の日程よりもどんな業者を選ぶのかにつきます。
雨ばかり意識せずに業者選びや塗装の進捗を確認することに徹しましょう。

 

□まとめ

 

今回は、雨が外壁塗装にもたらす影響と塗装の注意点について詳しく解説しました。
当社では塗装についてのご相談を随時受け付けています。
塗装の専門家がお客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ