君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

木更津市にお住まいの方!外壁塗装の工事の流れを解説します!

2021年3月30日

「外壁塗装の工事をしたいけれど、どのような流れで行えば良いのかな。」
「工事の際は、どのようなことに注意すれば良いのだろう。」

木更津市にお住まいで外壁塗装をご検討中の方の中で、このように考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、外壁塗装の工事の流れや工事期間の注意点をご説明します。

□外壁塗装工事の流れとは?

外壁塗装工事は、どのような流れで行われるのでしょうか。
工事開始から完了までの流れを詳しくご説明します。

まず、工事の日時を決定します。
日時が決まったら、工事に入る5日~1週間前には近隣トラブルを避けるため、ご近所の方へ挨拶回りを済ませましょう。

次に、仮足場を設置します。
これは危険の防止や丁寧な外壁塗装工事のために大切な作業です。
通常、1日で完了します。

仮足場を設置したら、次は高圧洗浄を行います。
この作業で、屋根や外壁に付着したコケや汚れを取り除きます。
塗料の付着性・耐久性を最大限に発揮するための重要な作業といえるでしょう。

高圧洗浄の次は、下地処理に移ります。
この作業で、外壁にできている細かい隙間を専用のシーリング材で塞ぎます。
この隙間はヒビ割れの原因になるため、空気が入らないよう気を付けながらシーリング材をヘラでならして仕上げます。
シーリング施行後は1~2日間ほど乾燥させます。

また、同じタイミングで外装の鉄板部分にはサビ止め塗装を下塗りします。
この作業は、板金部分の耐久性やツヤの維持のために欠かせません。
さらに、塗装箇所以外のドアや窓などに塗料が飛び散るのを防ぐため、養生も行います。

ここまで完了したら、いよいよ外壁塗装に移ります。
外壁塗装は、下塗り・中塗り・上塗りの計3回行います。

下塗りには、透明または白の下塗材を使用します。
下塗料の呼び名は、シーラーやプライマーなど様々です。
使用する塗料について気になる点があれば、業者へ尋ねてみると良いでしょう。

下塗りの次は、中塗りを行います。
この段階で、主材塗料を塗ります。
主材塗料には、アクリル塗料・ウレタン塗料・シリコン塗料・無機塗料などがあります。
ご自分の要望に合った塗料を探してみてください。

中塗りした塗料が乾いたら、上塗りで主材塗料を重ね塗りします。
塗料のムラがなくなるように、丁寧に仕上げをします。

最後に、木部、鉄部などの部分塗装をします。
木部、鉄部の塗装は、下地の状態によって施工工程が異なります。

また、外壁と一緒に屋根の塗装をする場合、屋根も外壁と同じように下塗り・中塗り・外塗りを行います。
しかし屋根の塗装の際は、下塗りの後に屋根の重なり部分へ一定の間隔で専用金具を取り付けます。
これは、屋根の重なり部分に隙間が空いていない場合、不具合が生じるためです。
その後、ローラーを使用して中塗り、外塗りを行い、きれいに仕上げます。

以上の工程を経て、仕上がりの最終確認が済んだら完成となります。
そして塗装会社が足場を解体し、片付けや清掃が完了すれば、お客様へお引き渡しとなります。
この際に保証書も渡されるので、大切に保管しておきましょう。

□工事期間中に注意する3つのポイントをご紹介!

では、工事期間中はどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。
3つのポイントをご紹介します。

1つ目は、作業場の様子を見に行くことです。

「毎日見に行くと工事をしている人に嫌な目で見られるのではないか。」
とご心配の方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、そんなことはありません。

これからを共にする大切な住宅です。
納得のいく塗装をしてもらうため、こまめに足を運んでチェックしましょう。
またちゃんと見ているという意思を伝えることで、職人の身が引き締まり、塗装の失敗も防げます。

2つ目は、作業が予定通りに進んでいるか塗装会社へ確認することです。

作業ミスの多くは、意思疎通不足の結果、塗装漏れが発生することで起こります。
1日の作業終わり、または作業中に、作業内容を職人に聞くようにしましょう。
またこの際に、工程表通りに作業が進んでいるか確認するため、工程表は必ず受け取りましょう。
工程表と実際の作業が異なる場合、すぐに塗装業者に確認することも大切です。

3つ目が、明るい時間に塗装のチェックをすることです。

しかし、お仕事などの都合で日中は家にいないという方も多いですよね。
その場合、帰宅後ではなく、出勤前などの明るくて外壁や屋根が良く観察できる時間帯にチェックするようにしましょう。
日中にご在宅の時は、お昼休みなど職人がいなくなった時にじっくりとチェックしても良いでしょう。
カメラで撮っておくと、万が一の際の証拠になるためおすすめです。

□まとめ

今回は、外壁塗装の施工の流れや工事期間中の注意点をご説明しました。
工事中は、職人任せにせず、自分の目で作業をチェックすることが大切です。
また、工事の流れを事前にしっかりと把握し、後悔の無いようにしましょう。
外壁塗装に関して、何かわからないことがありましたら、気軽に当社へお問い合わせください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ