君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

木更津市でリフォームをお考えの方!手続きの費用について説明します!

2021年4月13日

「リフォームをしたいけど、どのような流れで行えば良いのかな。」
「費用はどのくらいかかるのだろう。」

木更津市にお住まいの方の中で、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
初めてのリフォーム、不安が多い方もいらっしゃいますよね。
今回は、リフォームの流れや費用、手続きについてご説明します。

□リフォームの流れをご説明!

この章では、リフォームの流れについて解説します。
リフォームは大きく3つの段階に分かれています。

1段階目は、リフォーム計画を立てることです。
リフォーム会社と話し合う前に、家族で確認事項を共有しておきましょう。
計画を立てる上で、3つのポイントを押さえてください。

1つ目のポイントは、住まいの点検や問題点の洗い出しです。

現状の住まいを点検して、抱えている問題点や改善したい箇所を洗い出しましょう。
思いつきだけでリフォームに取り掛かると、後で後悔する原因にもなります。
普段あまり使わない部分の老朽化が進んでいる場合もあるため、忘れずに確認してください。
リフォーム後に修繕箇所が見つかると余分の時間や費用がかかってしまうため、家中を細かく点検することが大切です。

2つ目のポイントは、リフォーム内容の検討です。

リフォームと一口にいっても、増築や改築、さらに改装や修繕など工事内容は異なります。
1つ目のステップで洗い出した問題点を解決するために、どういう方向性で工事を進めたいのか家族で話し合っておきましょう。

3つ目のポイントが、資金計画です。

リフォームの費用は、工事内容や使用する材料によって大きく変わってきます。
先に予算を決めてから工事内容を決めていくことで、無理のない資金計画が立てられるでしょう。

2段階目は、具体的なリフォーム内容の検討です。

ここからは、リフォーム会社を交えての打ち合わせとなります。
疑問点や問題点があれば会社へ尋ねて、より詳細な計画を練っていきます。
また、工事をするにあたっての契約書もこのタイミングで取り交わします。
専門用語で書かれていて分かりにくいものもありますが、すべての内容に目を通してきちんと理解しましょう。

3段階目は、工事の実施です。

リフォーム工事は、打ち合わせで決めた計画に沿って進められます。
しかし場合によっては予定がずれ込んでいることもあるため、実際に現場へ足を運んで、自分の目でも確認するようにしましょう。
もし気になる点があればその場で尋ねておくことで、工事完了後のトラブルを避けやすくなります。

そして工事が終わったら、実際にどのように変わったのかを担当者に確認してください。
また、新しい設備の取り扱い方法や使用上の注意について、しっかりと説明を受けましょう。
工事完了の確認書や必要書類の提出、アフターフォローの確認も大切です。

□リフォームにかかる費用をご説明!

リフォームの流れを理解したところで、次はリフォームするにあたっての費用について見ていきましょう。
ここでは、リフォームローンを借りることを前提として、ご説明します。

リフォームに必要な費用は、見積もり時、契約から完成まで、完成後の3つに分けられます。

まず、見積もり時にかかる費用についてです。
見積もり時は一戸建てで必要な場合のみ、耐震診断費用がかかります。

次は、契約から完成までにかかる費用についてです。

施工会社が決まったら、「工事請負契約」を結びます。
工事代金の支払い時期は、会社との話し合いで決めます。
工事代金の大部分をローンで支払う場合、ローンの融資実行が支払い時期に間に合うかどうか確認しておきましょう。
また、契約時には印紙税や引っ越し費用、工事代金の中間金などの諸費用がかかります。

最後に、完成後にかかる費用についてです。

完成後には、契約時に決めた工事代金の残金を支払います。
また諸費用として、リフォームローンの借入費用や、増改築で床面積が変わった場合の変更登記の費用がかかります。
リフォーム時には家具などを一新する場合もあるため、その費用も予算に組み込んでおきましょう。

□リフォームする時のチェックポイントをご説明!

リフォームの手続きや費用において、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。
チェックポイントを3つご説明します。

1つ目は、法令制限や建築確認申請の有無です。

特に増改築では、建築基準法や地域の条例など、様々な法令制限を受けるため注意しましょう。

2つ目は、耐震性の確認です。

ベースとなる建物の建築年数が長いと、耐震基準を目指していない「既存不適格建築物」と見なされる場合があります。
元の建物の耐震基準を満たしていない状態のままにしておくと、増改築部分とのバランスが取れず、倒壊のリスクが高まります。
増改築の際は必ず耐震性を確認して、必要に応じて耐震補強を行いましょう。

3つ目は、リフォームの際に見落としてしまう費用についてです。

見積もりに記載されていない費用や各種手続きの費用がかかる場合があります。
施工前に必ず、工事を依頼する会社へ確認しておきましょう。

□まとめ

今回は、リフォームの流れや費用、手続きについてご説明しました。
しっかりと流れを把握して、リフォームの不安を解消しましょう。
費用についても、思いがけない出費がないように、しっかり確認しておくのがおすすめです。
ぜひこの記事を参考にしていただければ幸いです。

  • 資料請求
  • お問い合わせ