君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

家の外壁塗装に使う塗料が原因で起こる健康被害について詳しく解説します!

2019年10月12日

「外壁塗装に使う塗料で健康被害を受けないのかが心配だ。」
「被害を受けないようにする方法を知りたい。」
このように、塗装に使う塗料が原因で引き起こる健康被害について心配している方が多くいらっしゃると思います。
せっかく塗装をして綺麗になったのに、健康被害に遭いたくないですよね。
今回は、塗装に使う塗料で起こる健康被害について解説します。

 

□健康被害の詳細

 

塗料から起こる健康被害は中に含まれる有害物質が原因です。
代表的な有害物質はホルムアルデヒドとシンナーです。
ホルムアルデヒドはシックハウス症候群を引き起こす有害物質で、ほとんどの塗料に含まれています。
シンナーは独特の臭いを放つ有害物質で、麻薬に使われてもいるため有名ですね。
これらの物質を空気とともに取り込んでしまうことで被害を受けます。
対策としては吸い込まないようにマスクをつけたり、窓を開けないように生活したりすることです。

 

□主な症状

 

有害物質によって様々な症状が引き起こされます。
例えば、目や耳にひどいかゆみを感じたり、涙が出たりします。
鼻や喉はかゆくなることと鼻水が止まらなくなって、ひどい場合は眠れない時もあります。
特に、免疫が普通よりも弱い人は呼吸をしづらくなったり蕁麻疹のように皮膚がかゆくなったりする人もいます。
些細な症状がたくさん起こると、しんどくなってしまいます。
マスクを着用するなどして、体に有害な空気を吸い込まないようにしましょう。

 

□特に気をつけなければいけない人

 

塗料の独特の臭いから引き起こされる健康被害に気をつけなければいけない人がいます。
まずは、小さな子供は気をつけなければいけません。
大人よりも免疫力や外部影響からの耐性が弱い子供は、健康被害に遭いやすいです。
また、ペットは人間よりも被害に遭いやすいです。
なぜなら、人間よりも鋭い嗅覚を持っているからです。
そのため、ペットや子供は塗料を塗りたての場所には連れて行かないようにしましょう。
そして、最も気をつけないといけないのは妊婦です。
シンナーやホルムアルデヒドを吸い込んでしまうと、お腹の赤ちゃんに悪影響があるかもしれません。
どうしても、新しく塗料が塗られた場所にいなければいけない場合はマスクをして最大限の対策をしましょう。

 

□まとめ

 

今回は、塗装に使う塗料が原因で発生する健康被害について解説しました。
当社では塗装についてのご相談を随時受け付けています。
塗装の専門家がお客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ