君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

家の中を涼しく保てる塗料がある?千葉の外壁塗装業者が解説

2019年4月15日

「家の中を涼しく保つことができる塗料があるって聞いたけど、本当なのだろうか?もし使うとしたらどの塗料がいいのだろう」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
地球温暖化が進み、年々耐えきれないほど暑くなってきています。
もし外壁塗装で夏場の暑さを解決できたらいいですよね。
そこで今回は快適温度を保ってくれる「遮熱塗料」についてご紹介します。

 

□外壁塗装によって家は涼しくできます

夏がどんどん暑くなるにつれて、室内でエアコンをガンガンかけている方も多いと思います。
日本人は昔から自然と調和して生きてきたので、エアコンが合わないという方もいらっしゃるでしょう。
実は、外壁塗装で家の中の温度を下げることができるのです。
外壁塗装の塗料は外壁を彩るだけでなく、「遮熱性」や「防水性」など様々な性能を持ち合わせているものがあります。
その中でも、遮熱性に優れた塗料を使うことで、夏場の暑さをカットできます。

 

□遮熱塗料の特徴

では、遮熱塗料とはいったいどのようなものなのでしょうか?

 

*温度の上昇を防ぐ

太陽光をカットする塗料なので、太陽光からの熱エネルギーを吸収せず、熱を外壁に溜め込まない性質があります。
一般的な塗料と比べると、2度〜3度ほど室内温度を下げることができます。

 

*耐久性が高い

もっともシェアの多いシリコン系塗料の耐用年数が7年〜10年なのに対し、遮熱塗料は15年〜20年近く耐用年数があります。
メンテナンスを頻繁に行わなくても良い点も魅力の1つです

 

*節電ができる

室内温度の上昇を抑えることができるので、エアコンを頻繁に使用せずに済みます。
そのため、節電効果を見込めます。

 

□断熱塗料との違いとは?

大きな違いは、熱をカットするのか、伝えにくくするのかという違いです。
断熱塗料は、熱を伝えにくくするため、夏の室内の温度上昇を防ぎ、冬の室内の暖かさを逃さないという特徴があります。
一方、部屋を涼しくするためには、熱をカットする遮熱塗料の方が向いています。
用途に応じて使い分けましょう。

 

□おすすめの遮熱塗料をご紹介します

どの遮熱塗料を選んだらいいかわからない方は、以下の3つの塗料がおすすめです。

・日清産業 ガイナ
・日本ペイント サーモアイ4F
・関西ペイント アレスクール1液F

 

□まとめ

今回は「遮熱塗料」についてご紹介しました。
熱をカットするという特徴があり、他の塗料と比べて、夏場も家の中を涼しくできることを知っていただけたと思います。
外壁塗装をお考えの方は、この機会にぜひ遮熱塗料を使って外壁塗装をしてみてはいかがでしょうか?
もし何かわからないことがありましたら、お気軽に当社にご連絡くださいね。

  • 資料請求
  • お問い合わせ