君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

外壁塗装の重要な役割である「防水」について、千葉県にお住まいの方へご紹介

2021年5月30日

外壁塗装をお考えの方には、防水機能について気になる方もいらっしゃるでしょう。
外壁塗装には、見た目をきれいにするだけでなく「防水」という重要な役割があります。
防水対策を徹底することで、住宅の劣化を抑えられるでしょう。
そこで今回は、外壁塗装をお考えの方へ防水機能についてご紹介します。

□防水機能の必要性について

外壁塗装は住宅の外見や見栄えを良くするためだけにするもの、と考えている方も多くいらっしゃいます。
しかし、外壁塗装の最も重要な役割は住宅の劣化を抑えることです。
ここでは外壁塗装がもつ防水機能の必要性を紹介します。

住宅が劣化する原因をご存知の方はいらっしゃいますか。
住宅の劣化の大きな原因のひとつは、「水の浸入」です。

住宅は日々の生活の中で常に小さな振動を受けています。
小さな振動が積み重なると、そのダメージのせいで木材がひび割れを起こしてしまうことがあります。
そうしたひび割れから水が建物の内部に浸入すると、柱や梁などの構造体が腐ってしまいます。
その結果、住宅の寿命を大きく縮めてしまうのです。

もし塗装に防水機能が備わっていれば、こうした被害を未然に防げる可能性を高めてくれるでしょう。

□防水機能が高い塗料の種類について

上記では、外壁塗装の防水機能によって、住宅の劣化を最小限に抑えられることをご説明しました。
基本的にすべての塗料に防水機能は備わっています。
その中でも、特に防水機能に優れている塗料のことを「弾性塗料」と呼ぶことが多いです。
弾性塗料は名前の通り、ゴムのように伸び縮みする性質を持っています。

小さな振動や気温の変化により住宅にひび割れが発生したとしても、弾性塗料であればひび割れに追従して伸びでくれます。
そのため、表面にはひび割れができず、水の浸入を防いでくれるのです。

弾性塗料の仕上げ方法には3つの種類があります。

*単層弾性仕上げ

こちらは3回塗りで仕上げる最も一般的な方法です。
上塗りを弾性塗料で2回することによって厚みを作り、ひび割れのある部分をカバーします。
同じ塗料で上塗りを2回行うので、以下で紹介する複層弾性仕上げよりも安価に施工できるでしょう。
しかし、耐久性の高い塗料が少なかったり、塗料自体の単価が高かったりというデメリットもあります。

*複層弾性仕上げ

こちらは5回塗りを行うため、防水性能はかなり高いと言えるでしょう。
下塗りのあとに行う中塗り2回に、弾性塗料を使います。
デメリットとしては、工程は一般的な3回塗りよりも多いので、材料費や人件費がかさむことです。
費用は高くなってしまいますが、防水効果にはかなり期待できるでしょう。

*微弾性仕上げ

こちらは既存の住宅にひび割れが生じている場合や、モルタル外壁の住宅におすすめです。
単層弾性仕上げと同じく、下塗り1回と上塗り2回の3工程で行います。
下塗りが弾性塗料で、小さなひび割れを埋めてくれます。
しかし、防水性は他の2つに比べると少し劣ってしまいます。
上塗りで選べる塗料の種類やグレードが豊富なので、見た目にこだわりがある方はこちらを選んでも良いかもしれませんね。

□防水塗料の費用は、通常の塗料と比べてどうなの?

ここまでは、防水機能の必要性や弾性塗料の3つの種類をご紹介しました。
弾性塗料は、防水機能が一般的な塗料よりも優れているため、価格は少し高くなります。
では、どれくらいが相場になるのでしょうか。

一般塗料も弾性塗料もいくつかの種類があるため、どの塗料を使うかによって価格は変わります。

相場は、一般塗料でよく使われるシリコン塗料が、2500円~3500円/平方メートルほど。
弾性塗料でよく使われる塗料が、5000円~6000円/平方メートルほどになります。
これに加えて、外壁塗装には人件費や足場代がかかってきます。

2階建ての住宅の場合、一般塗料ではトータル100万円ほど、弾性塗料ではトータル120~130万円ほどとなるでしょう。
また、弾性塗料の中でも費用が高くなる複層弾性仕上げでは、150~200万円ほどかかります。

また、雨漏りを防ぐためには、ひび割れからの雨漏りの浸入を防ぐ防水塗装だけでなく、ひび割れ自体を補修するのも効果的です。

業者がサイディングボードのひび割れ補修を行うと、およそ20~40万円ほどになります。
サイディングシーリングの場合は、30~50万円ほどでしょう。
一方、自分でDIYにてひび割れ補修を行う際は、サイディングボードで3~5万円ほど、サイディングシーリングで5~10万円ほどです。
また、モルタル外壁のひび割れ補修は、業者で10~15万円ほど、DIYで3~5万円ほどになります。

サイディングはそもそも防水塗装が不向きな外壁なので、雨漏り対策としては定期的なひび割れ補修がおすすめです。
モルタル外壁は、ひび割れ補修の方が防水塗装より安く感じられると思います。
しかし、モルタルは性質上ひび割れが発生する頻度が高いため、長期的に見ると防水塗装の方がおすすめです。

そして、業者に依頼することで一般人にはなかなか見つけられない修繕箇所を見つけてくれたり、丁寧な施工で失敗を防げたりするので、ひび割れ補修も防水塗装も、基本的にはプロに依頼するようにしましょう。

□まとめ

今回は、外壁塗装をお考えの方へ防水機能について紹介しました。
防水機能に優れた外壁塗料を使用することで、住宅の劣化を最小限に抑えることができます。
千葉県にお住まいで外壁塗装に関してお悩みの方は、ぜひ当社までお気軽にご連絡ください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ