君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

外壁塗装の水ぶくれは何が原因?見つけた時の対処法についても説明します!

2021年11月15日

「水ぶくれは外壁塗装でどうにかなるのかな」
君津市周辺にお住まいの方でこのようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
水ぶくれは、家の耐久性を脅かすものですので、外壁塗装により早急に対処する必要があります。

今回は水ぶくれについてのお役立ち情報を紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□水ぶくれとは

外壁塗装は時間が経つほど、色々な不具合が生じるものです。
水ぶくれも外壁塗装でよく見られる不具合の1つとして挙げられます。

まず、ここで言う水ぶくれとは何かから簡単に解説しておきましょう。
塗膜の表面には水ぶくれのような見た目のものが発生することがあります。
これは塗膜が外壁から剥離して浮いている状態であり、つまり外壁塗装に浮きが生じています。
この浮きが目立つようになると、建物全体の外観を悪くしてしまうため、印象が良くありません。

さらに塗装が浮いている場所は外壁から塗膜が浮いているため、触れただけで剥がれやすくなります。
下地から離れてしまっているため、塗膜本来の機能を発揮しきれません。
これから雨風や紫外線から家を守り、安心した生活を送っていくためにも早めの対策が必要です。

□水ぶくれの原因とは

では、こうした水ぶくれはどうして発生してしまうのでしょうか。
以下で原因について6つ解説します。

1つ目は、乾燥時間が足りなかったためです。
塗装を行う際は、高圧洗浄をしっかりと行い、汚れを綺麗にしてから新しい塗装を塗っていきます。
この際、十分に乾燥させずに塗ると、水分がまだ残った状態で塗装を塗ることとなります。

もしも水分が残っているにもかかわらず、塗装をした場合、水ぶくれを引き起こす原因となります。
さらに、塗装がしっかりと密着しないため、塗装本来が持っている機能が十分に発揮できなくなってしまいます。

この乾燥時間は、高圧洗浄だけでなく、それぞれの塗装の際も同様に言えるでしょう。
下塗りや中塗り、上塗りと共に、乾燥するまで十分に待つことが大切です。

2つ目は、洗浄や下処理が甘かったためです。
外壁塗装を行う際は、高圧洗浄や下地処理をしっかり行うことが大切です。
洗浄は言わずもがなですが、汚れやカビを落とすための作業となります。
そのため、しっかりと行わないと水ぶくれの原因となってしまいます。

また、洗浄後には落とせなかった汚れやひび割れなどを補修する下地作業も必要です。
ここも手を抜くと、洗浄したとしても水ぶくれの原因となってしまいます。
汚れをしっかり落とし、傷も平らにしておくことで、塗料が密着し本来の機能が発揮できるのです。

3つ目は、下塗りが適切でなかったためです。
外壁塗装では、一般的に3回にわたる塗装段階があります。
具体的には下塗りと中塗り、上塗りの合計3回です。
この3回をしっかり行うことで、それぞれの塗料を十分に密着させ、本来の効果を発揮させます。

しかしながら、始めにしておく下塗りの段階で少ない量しか塗れていないとなると、下地として役割が不十分になります。
下塗りの状況を確認しながら、下塗り材の希釈量をあげ、塗装を行う必要があります。
これは、職人さんたちがきちんと状況を確認しつつ、慎重な判断が求められます。

4つ目は、古い塗膜が膨れたためです。
何回も塗り重ねていくと、古い塗膜が塗膜自体の重さや厚さに耐えきれず、剥がれてしまうことがあります。
さらに、塗り重ねた層の間にカビが発生してしまった場合は、それをきっかけに塗膜の水ぶくれを引き起こす可能性もあります。

5つ目は、塗装が行われた環境が良くなかったためです。
外壁塗装を行う上で、気候の状況はとても重要です。
その中でも湿度は特に大切であり、もし湿度が85パーセントを超えた場合、工事が行えないとされています。
これは、高い湿度の時に塗装をすると、水分が入り込んでしまう可能性があるためです。

しかし、悪徳業者の中には、こういった気候条件を無視して行おうとするものもいます。
もしも湿度の高い状態で塗装を行えば、水ぶくれの原因となりかねません。
さらに、高い確率で何らかの施行不良を起こすため、水ぶくれ以外の劣化も見られるでしょう。

6つ目は、経年劣化が進んだためです。
一番初めに塗装を行った時期はいつでしょうか。
もしも10年以上前に行ったという場合は、そもそも外壁自体が経年劣化していることがあります。

一般的に外壁塗装は10年に1度のペースで行うのが良いとされています。
これは、塗装自体の耐用年数が大体10年前後であるためです。

10年前後が経過している場合では、外壁に発生したクラックから水が入り水ぶくれになっており、外壁全体が劣化しているかもしれません。
そろそろ外壁塗装の時期でしょうし、業者に現地調査してもらうことも考えておきましょう。

□浮きや膨れによって起こる問題とは

ここまでで水ぶくれや水ぶくれが発生する原因についてご理解いただけたと思います。
原因が分かれば対策もできますよね。
しかしそもそも「水ぶくれをどうして放置しておくとダメなのか」という疑問を持っている方もいらっしゃるでしょう。

外壁塗装は決して安い訳ではないですし、依頼するなら放置しておくと危険な訳も知っておきたいですよね。
そこで、以下では浮きや膨れ、つまり水ぶくれを放置しておくと起こる問題について4つ紹介します。

1つ目は、保護機能が低下することです。
浮いてしまった塗膜は、最も破れやすくなります。
少し触っただけでも破れてしまい、そこから雨水がしみ込む原因となります。

外壁塗装は性質上、そもそも水に強くないため、容易に雨水の原因となり得ます。
破損した箇所から雨水が入れば、さらに周りの塗膜が浮くという悪循環にも繋がるでしょう。

2つ目は、美観を損なうことです。
塗装が浮いてしまっては、見た目も綺麗ではないですよね。
塗装表面に凸凹があれば、違和感もありますし、目立ちます。

3つ目は、悪化することです。
水ぶくれは残念なことに、そのまま時間を置いても修復することはありません。
むしろ、さらに周りに広がる一方です。

加えてその水ぶくれが水分によって発生したものであれば、どこの箇所からか浸水の可能性もあるでしょう。
根本の原因から取り除かないと外壁や下地の傷みがさらに進行してしまいます。

4つ目は、保証期間が過ぎてしまうことです。
膨れや浮き、水ぶくれが原因の場合、塗装工事の不備という可能性もあり得ます。
もしそれが塗装工事の不備が原因で発生したものであれば、やり直しも考えられます。
塗装の際に保証が付いているなら適用してもらえるかもしれません。

しかしそのまま放置していると、気が付いた時には保証期間を過ぎていた、ということになりかねません。
放置したことで保証の対象外となってしまうのは勿体ないですよね。
そのため、異変を発見したら、なるべくすぐに対処した方が良いでしょう。

□水ぶくれを見つけたら業者に対処してもらおう!

ここまでで紹介したように、外壁塗装の水ぶくれは放置しておくと良くない影響があります。
水ぶくれが起こる理由は今までに挙げたように色々な理由がありますが、施工業者が適切な処理を行わなかったことが原因であることも問題でしょう。
水ぶくれは、外壁塗装が終了して数日経ってから不具合として目に見える形であらわれます。

少しの水ぶくれであるならそこまで気にする必要はありません。
しかし、壁全体にかかるように水ぶくれが発生している場合は、外壁下地にも悪影響があるため、対応が必要となります。
この際は、自分がどうにかしようとするのではなく、業者に連絡し、可能であれば塗り直しを行ってもらいましょう。
多くの業者では、保証内容に塗り直しという項目があります。

水ぶくれは塗装完了日の数日で起こる場合が多く、塗料を完璧に乾燥させるには2週間ほど時間が必要と言われています。
そのため、その間は外壁の状態を数日かけて見ておくと良いでしょう。

ちなみに水ぶくれは水蒸気が原因となっている場合が多いため、太陽光の影響を多く受ける場所で多く見られます。
さらに、塗装後の異変に関して水ぶくれなどの不安がある方は、業者の保険内容などを確認しておくことをオススメします。

また、水ぶくれについて1つ知っておいて欲しいのが、よく似た症状に泡があることです。
水ぶくれは塗装完了後に潰れ、その後はピンホールとなります。
これによく似た例として別に施工不良が原因の泡があります。

泡は塗膜に穴が空いていたという訳ではなく、単なる施工ミスです。
泡の原因としては、水ぶくれと同様に様々なことが考えられます。
例えば、2液型塗料の混合ミスや表面に水が残った状態で塗料を塗ってしまったことなどが挙げられます。

泡は気泡のように膨れず、穴が空いた状態で塗料が固まってしまう症状です。
泡は施工ミスとなり、塗膜が早く剥がれるトラブルにもなります。
そのため、早めに見てもらうようにしてくださいね。

したがって、水ぶくれに関しては、業者による手抜き工事が原因のものと、気候によって想定外のものがあります。
もう一度塗装を依頼する場合は、再度足場を組んでもらい、気泡が見られる外壁面をそり落としてから塗装という形になります。
どちらにせよ、業者側の責任ですので、手間がかかったとしても業者側でしっかりと対処をします。

しかし、案外そういったトラブル時の対応によって業者の実態が分かったりするものです。
ものすごく嫌な顔をして再塗装をするような業者を選ばないよう、初めの業者の選びの段階からの選定がとても大切になってきます。

□まとめ

水ぶくれについてのお役立ち情報について解説しました。
もしも施工不良が原因で水ぶくれが起こった際、対応できなくて困ったとならないように業者選びはしっかり見極めましょう。
当社では、塗り替え等で万が一不具合が生じた場合は、誠意を持って対応いたします。
塗装はぜひ当社にお任せください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ