君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

外壁塗装におけるトラブルの事例を紹介します!事前に知って対策しよう!

2021年10月30日

「外壁塗装ではどういったトラブルが良く起こるのかな」
君津市周辺でこのようにお思いの方はいらっしゃるでしょう。
外壁塗装は決して安いものではないため、後悔したくないですよね。

今回は、トラブルの事例や防ぐためのポイントも紹介します。
トラブルで後悔しないためにも、トラブルの事例を知っておきましょう。

□外壁塗装に関するトラブルの事例は多い

中には外壁塗装についてのトラブルは昔の話だと気を抜かれる方もいます。
しかし、外壁塗装を含む住宅のリフォームに関しては、現在も昔ながらの業者が存在します。
そして、残念なことに悪質な業者も一定数存在するようです。

公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターの統計年報2020によれば、2019年における住宅に関しての相談内容は34002件となっております。
そしてそのうち、リフォームに関しての相談内容は11948件と全体の約3分の1以上がリフォームに関するものだということが分かりました。

そこでこの記事では外壁塗装におけるトラブルの事例や対処法について紹介します。
後になってトラブルの対応で困る事態になるよりは、今の段階から事例を知っておき未然に防ぐ方が得策ですよね。

□外壁塗装におけるトラブルの事例をあらかじめ把握しておこう!

外壁の種類や家が建つ場所によっても様々ですが、大半の場合、定期的に塗り直しといったメンテナンスを受ける必要があります。
外壁塗装は時間もお金もかかるものです。
そのため、もし失敗すればもう一度塗り直しが必要となり、さらに時間とお金の出費がかさんでしまうこととなります。

だからこそ、業者選びは慎重に行い、信頼できる業者に依頼して満足する工事を実現したいものですよね。
しかしながら、外壁塗装に関してのトラブルや詐欺といった事例は毎年後を絶ちません。
これは、他人ごとではなく、身近に起こり得る話です。

実際に、消費者センターへの相談件数は年々増加傾向にあるようです。
ぜひご自身も巻き込まれることのないよう、気を付けてください。

その点、事前にご自身で外壁塗装で起こる詐欺事例やトラブルについての知識を蓄えておけば、万が一の時に慌てずに済みます。
また、そもそも知っておけば同じ手に引っかかるリスクは減りますので、トラブル防止にもなるでしょう。
この過程で優良な業者を見極める目を培うことも可能でしょう。

さらに、塗装自体に付随するトラブルは言うまでもありませんが、隣家とのトラブルも頻発しているため、注意が必要です。
優良な業者に依頼したとしても、工事前に近所へ挨拶まわりをするなどの配慮を欠いてしまえば、当然トラブルに発展しかねないでしょう。
そのため、近所トラブルについての対策も知っておくことが大切です。

□外壁塗装でよくあるトラブルとは

ここまでで、トラブルの事例を知っておくことの重要性についてご理解いただけたかと思います。
外壁塗装とは、一般的な住宅から大きなビル、施設など色々な対象の建物に対して建物の倒壊や劣化を防止するために行うものです。
効果については一概には言えず、断熱効果や防水防湿、省エネなど様々です。
建物を建てる際は、必ず外壁塗装をする必要があります。

外壁塗装は施工数が多いのもあり、トラブルがつきものです。
以下では、外壁塗装でよくあるトラブルの事例について、3つのタイミングごとに紹介します。

*施工前によくあるトラブルについて

外壁塗装は建物には避けられない重要な施工とは言え、残念ながらトラブルが多い事例と言われています。
外壁塗装の業務を担う業者は全員が必ずしも優秀とは限りません。
外壁塗装には1級塗装技能士といった国家資格があるものの、塗装業務は国家資格がなくても行えるというのが実情です。
そのため、必ずしも全ての業者が国家資格を保有しているとは限りません。

特に、適当な業者による施工トラブルは枚挙にいとまがありません。
そしてこういったトラブルにそこまで詳しくない場合は、泣き寝入りとならざるを得ないというケースも少なくありません。
まずは施工前によくあるトラブルについて2つ紹介します。

1つ目は、外壁塗装施工の見積もりについての詳しい説明がない例です。
外壁塗装の施工前にはじめに行ってもらうのが、外壁の状態をチェックしてもらう見積もりです。
建築関係は特にそうですが、施工前の見積もりについての説明が十分に行われていなかったため、予想と異なる施工をされてしまうケースが多いです。
きちんとした業者であれば、きちんと見積もりに関しての説明をしてくれます。

しかしそこを雑に行う業者はしっかりと見積もりの内訳を説明してくれないだけでなく、本来なら行う必要のない工事まで余計にしてしまいます。
そしてその結果、塗装の状態が以前に比べ悪くなったり、費用が無駄にかかったりします。

必要のない工事が含まれていないか、どのような施工を行ってくれるかなど詳細についてはしっかり確認が必要です。
そういう意味でも、見積もりについて情報を十分に聞けるような機会を設けてもらいましょう。
そして、詳細までの施工内容をチェックし、分からない部分があれば要望を出すなど事前の認識共有はしっかりしておいてくださいね。

2つ目は、契約をする前に勝手に足場が組まれていた例です。
これは、あってはならないことですが、契約をする前に勝手に加工の用意を始める業者もいるようです。
足場組みに関してはもちろん無料ではありません。
足場組みは単なる事前に行う準備ではなく、施工プロセスの1つです。

そもそも足場組みというのは塗装業者がするものではなく、他の職人さんがするものです。
従って、こうした食い違いが起こっているのは、職人さん同士でも連携がしっかりとれていない証拠にもなります。

外壁塗装は先ほども説明した通り重要性がある施工ですので、適当な仕事はあってはなりません。
施工中はもちろん、施工前や後も丁寧に段階を踏んで進めていくものです。

中には契約をせずに工事を進めるという個人業者も存在しますが、契約をしないということはどんなにいい加減な作業でも責任は負わないという宣言と同じようなものです。
そのため、疑って入るようにした方が良いかもしれませんね。
もし契約をする前に足場が組まれていた場合は、業者側で足場を撤去してもらいましょう。

*施工中によくあるトラブルについて

続いて施工中のトラブルの事例を2つ紹介します。

1つ目は、雨対策をしないで外壁塗装をした例です。
外壁塗装に限らず、塗装工事は基本的には「塗料を塗って、乾燥させ、また重ねる」といったように複数の作業を重ねて行います。
そのような作業の中で雨に降られるのは、危険です。

特に乾燥させている時間に降られるのは最悪で、雨が強いと塗料が雨水と一緒に流されてしまいます。
また、塗装の耐久性が低下する原因にもなります。
これは、塗料の機能(強度や耐久性)は塗料の膜の厚さによっても決まるためです。

従って、塗料が少しでも雨で流されると、見た目はきちんと塗られているように見えても、膜厚が不十分なため効果が薄まります。
脆い塗料となる可能性が高くなり、後からひび割れが発生する原因にもなりかねません。

そのため、ちゃんとした職人は雨の中での塗装作業は避け、雨が降る可能性があれば前もって軒天を設けたり、塗装を行う部分の養生をしっかり行ったりして対策に講じるでしょう。
工期が延びてしまったとしても、塗装の効果がなければ意味がないですよね。

天候が原因で工期が延びた場合は、追加料金をとらない業者が多いです。
しかし長雨に当たってしまった場合は追加費用を払うこととなるケースも多いです。
それでも経費削減のために強引に雨の中でも工事を行うよりかはマシでしょう。
雨の中で作業を続行する業者は、信頼できる業者がどうか見定めてくださいね。

2つ目は、近所トラブルが発生する例です。
施工中はどうしても近くの環境への影響が発生してしまいます。
そのため、施工前にしっかりと対策を売っておかないと、近所からのクレームが殺到し、今後の生活に支障が出ます。
例えば、足場を組み立てる際に発生する金属音がうるさい、塗料の臭いで気分が悪くなったなどといった苦情が考えられます。

例えば、塗装範囲は小さかったとしても、特に塗装工事は近所へ与える影響が大きいため注意が必要です。
塗装の際に使用する塗料は刺激臭ですので、突然何の連絡もなく不快な臭いが発生すれば苦情が入るもの当然と言えるかもしれません。
中には小さい子どもがいる家庭や妊婦さんがいる家庭もありますから、そういった配慮は大切です。

*施行後によくあるトラブルについて

最後に施行後のよくあるトラブルは、すぐに塗装が剥がれたり、色褪せたりしたという例です。
これは業者のミスによって発生することが多いものです。
原因としては、高圧洗浄などで汚れをしっかり取らないまま塗ったり、下地と上地の相性が悪かったりすることがあります。
この場合は、遠慮しないで業者に塗り直しを依頼してくださいね。

□外壁塗装のトラブルを防ぐためのポイントとは

では、このようなトラブルを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。
以下で2つの方法を紹介します。

1つ目は、納得するまで打ち合わせをすることです。
前述のとおり業者との認識のすれ違いでトラブルに発展するケースがあります。
そのため、打ち合わせの時点でお互いの考えや意見を十分に共有しておくことが大切でしょう。

2つ目は、安心できる塗装業者を選ぶことです。
何より大切なのは安心して依頼できる業者を選ぶことと言えるでしょう。
塗装に関しての知識が豊富で、万が一の際にもしっかり対応してくれるかチェックしてください。

□まとめ

トラブルの事例や防ぐためのポイントについて解説しました。
今回紹介した事例を参考に、同じ過ちをしないよう気を付けてくださいね。
当社では、経験豊かな職人の目で現場となるお家を見ることで、そのお家に合った材料を的確に選ぶことが可能です。
外壁塗装はぜひ当社にお任せください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ