君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

君津市にお住まいで火災によるリフォームをご検討の方へ!保険について解説します!

2021年5月21日

君津市で、火災によるリフォームの保険について詳しく知っておきたい方はいらっしゃいませんか。
保険を最大限活用してリフォームを行いたいですよね。
そこで今回は、火災保険を利用してリフォームできるケースについてご紹介します。
また、火災保険を利用した火災以外の災害時のリフォームについても解説します。

□火災保険を利用してリフォームできるケースとそうでないケースについて

火災保険は、利用できる場合とそうでない場合があります。
「いざリフォームを行う段階になって、保険が適応されないことが発覚した」というような想定外のケースを未然に防ぐため、このことはしっかりと押さえておきましょう。

*火災保険でリフォームできるものについて

火災保険の事故件数で最も多いと言われているのは、風災・水害・雪災などです。
もう少し具体的にみると、災害時の破損、破損による雨漏り、大雪による歪み、屋根瓦の被害、釘や屋根の浮きなどです。
また、強風で家そのものが傾いたり、雪などでベランダが破損してしまったりということもよくある例です。

これらは火災保険が適応されます。
火災保険では最大7割まで補償してくれる場合が多いです。

*火災保険でリフォームできないものについて

続いて、リフォームできないものについてご紹介します。
思わぬ出費にならないためにも、適応されないケースはしっかり把握しておきましょう。

家を建ててから年数が経ち、劣化してしまったことによる破損には適応されません。
なぜなら、災害とは無関係であるからです。
また、過去に修理したことがある箇所の雨漏りや、新築時からの不具合についても適応されません。

その他にも、太陽光パネルなどのオプションを付けたことによる不具合や、増築などのリフォームを行ったことによる雨漏りにも適応されないため、注意が必要です。

災害以外の要因による不具合には適応されないので、知っておきましょう。

また、災害による不具合なのか、経年劣化による不具合なのか、見分けがつかない場合もありますよね。

「建ててから年数がたっておりいつ雨漏りが起きてもおかしくなさそうではあったが、この前の台風をきっかけに雨漏りが起きてしまっている」
このようなケースもあるかもしれません。

その時は、自分で判断してしまい諦めるのではなく、まずは保険会社に相談してみましょう。
保険鑑定人に調査を依頼できるからです。

プロの方が、保険適応内か適応外かを調査し判断してくれます。
おそらく保険の適応はできないだろうと予想していたにもかかわらず、適応される場合もありますので、ぜひ調査を依頼してみましょう。

最後に、注意点をご紹介します。
それは、悪質なリフォーム会社には注意する必要があることです。
よくあるケースとして、負担金ゼロでリフォームできると伝えられて契約したが、実際には保険の対象外となる出費が多く、結果的に負担が大きくなってしまうということがあります。

また、自然災害が起こったタイミングでリフォーム会社が訪問してきた際も注意が必要です。
強引に契約させられてしまい、大きな額を請求されるという事態になりかねません。
勢いで契約するのではなく、しっかりと考え、疑問に思うことがあれば周囲に相談しながら慎重に契約しましょう。

□火災保険を利用した自然災害時のリフォームについて

火災保険は、上記でもご紹介した通り、火災時のみにしか使えないわけではありません。
幅広い自然災害にも利用できます。

以下では、火災以外の自然災害で火災保険を利用できるケースについてまとめているので、確認してみてください。

適応される災害一覧
・地震
・台風、竜巻
・土砂崩れ、豪雨、洪水
・雪、雹
・落雷

これらの災害によって家が壊れてしまった場合は、保険適応内であることが多いため、ぜひ活用しましょう。
調査によると、現在、全国の住宅のうち約7割に、自然災害による何かしらの損害が見つかっています。
しかし、自然災害による家の破損に火災保険が適応されるということを知らない人が多く、利用されていないのが現状です。

アンケートでも、火災保険が適応されると知っていた方は全体の2%でした。
この記事を読んだ方は、ぜひ周囲の人々や、災害による破損で困っている方に伝えてみましょう。

また、自分の家は破損していないから大丈夫とお考えの方も、一度調べてもらうことをおすすめします。
特に、家の屋根の破損は気付きにくいですが、放置することによって雨漏りなどのトラブルに繋がります。

火災保険で屋根が直せるとなると、安心ですよね。
そのため、まずは屋根だけでもぜひチェックしてみてください。

□まとめ

今回は、火災保険を利用できるケースとそうでないケースについて解説しました。
どのような場合に保険が適応されるのか、明確に知れたのではないでしょうか。

また、火災以外の災害時のケースについても解説しました。
災害はいつ起こるか分からないですし、事前に知識を付けておくことが重要です。
ぜひ今後にお役立てください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ