君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

外壁塗装の挨拶回りは自分でもした方がいい?注意点を解説!

2019年1月3日

外壁塗装を行う際には騒音や交通の障害など、近隣の人に迷惑をかけてしまいます。
通常、業者は工事を始める前に近隣に挨拶に行くのが一般的ですが、お客様自身でも挨拶回りはしっかりと行っておいた方が良いです。
そこで今回は、外壁塗装の挨拶回りについて、その注意点とともにお話しします。

近隣トラブルとは

外壁塗装を行う場合には、様々な工事車両が出入りします。
そのため、特に団地の中などは道路が狭く車両の通行に支障をきたしてしまうことも多いです。
さらに塗料の匂いや騒音など、普段とは異なる状況になるため、神経質な人にとっては耐えられない状態となることも多く、それがもとで近隣トラブルに発展してしまうことも多いので注意が必要です。

業者が挨拶回りに行くのだから自分で挨拶に行く必要はないだろう、と考えている人もいらっしゃるかもしれません。
しかし、実際にその家に住む本人が挨拶をするとその印象も大きく変わるものとなります。
そのため、自分自身で工事の前に挨拶回りをする事は、その後のトラブルを避けるという意味でも非常に重要です。

挨拶回りの際の注意点について

*時期について

挨拶回りは工事が始まる1週間程度前に行うのが良いと考えられています。
業者は工事を始める直前、基本的にはこれから作業を始める、というタイミングで近隣に挨拶をするのが一般的です。
しかし、工事の直前となると近隣の方が十分に対応できないという場合が少なくありません。
特に狭い道路で工事車両が停車する場合などは出入りの都合もあり、相手の予定を狂わせてしまうことも多いので注意が必要です。
1週間前を目安にご近所の方への挨拶を先にしておくことで、相手にさまざまな準備をしてもらう余裕が生まれます。

*粗品について

また挨拶の際にはちょっとした粗品を持っていくと良いでしょう。
それほど高額なものである必要はありませんが、迷惑をかけるという気持ちを表現することで、トラブルを未然に防げます。
騒音や匂いなどは気になりだすと非常に不快なものですが、相手方の誠意を受け取った後ではあまり気にならないものとなるのです。

最後に

弊社では近隣の方に迷惑をかけないような丁寧な工事を行っています。
しかし、外壁塗装の際に騒音や臭いはどうしても出てしまうものです。
ご近所関係を損ねないためだけではなく、工事を円滑に行うためにもお客様自身も近隣への挨拶をあらかじめ行うことをおすすめします。

  • 資料請求
  • お問い合わせ