君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

外壁塗装に適した時期や季節はいつなのか解説!

2018年12月30日

千葉で外壁塗装を考え中の方はいらっしゃいますか?
外壁塗装について、実はその工事を行う時期が非常に大切です。
なぜなら、外壁は外の環境にさらされているため、その影響を大きく受けるからです。
そこで今回は、外壁塗装に適した時期と季節についてお話しします。

外壁塗装に最適な時期とは

外壁塗装工事に最適な時期ですが、基本的には春が適しています。
外壁塗装用の塗料は普通のペンキよりも高品質です。
そのため、耐久性や利便性に優れており、塗装する事自体は季節に関わらずいつでも可能です。
しかし、壁に塗料が効率よく定着するためには、適度な温度が条件として必要です。
そのため、寒すぎる時や突風が吹き荒れる時だと作業に時間が掛かってしまいます。

塗料が正しく壁や屋根に定着した事を確認した上で、現場のスタッフは次の工程に進みます。
温度の影響で乾きが遅いと、その分だけ待ち時間が多くなり、作業の効率が落ちて全体の工事期間が延びます。
秋や冬の終わり頃はそういった理由から外壁塗装工事には不向きです。
外気温が全体的に低く、地域によっては激しい雨や風に見舞われるでしょう。

気温が高すぎても良くない

気温が高い方が良い、といっても限度があります。
近年日本の夏場はとても暑いですよね。
外気温が40度近くになる日も珍しくはありません。
太陽の日差しが強すぎると、それはそれで塗料に悪影響が現れます。
真夏日に作業すると、散布した部分があっという間に乾燥してしまい、スタッフが工夫や努力を重ねてもひび割れや剥がれ落ちが生まれやすく、散布と確認と補修を繰り返しながら作業しなければなりません。

梅雨の時期も避けるべき

真夏日が続く時期もまた真冬同様に作業には不向きなシーズンであり、湿気があり過ぎる雨季も向いているとは言い難いです。
雨が多いと安全に塗装工事が出来ず、塗料の定着も悪くなります。
激しく雨が降る雨季の時期も出来れば避けたいシーズンであり、地域によっては台風による影響を受ける可能性もあります。
湿気があり過ぎると作業に多くの労力と時間が掛かりますので、雨季は避けるのが無難です。

春以外におすすめの時期について

春の次に適したシーズンですが、秋の中盤の頃も比較的気候が安定しておりおすすめです。
9月頃はまだ真夏日が目立ち、湿度と外気温が高めなので不向きです。
しかし、10月から11月頃になると適度に気温と湿度が下がり、ゲリラ豪雨や夕立や激しい台風なども少なく、まさに工事に適した日が続きます。

まとめ

春の季節が一年の中で外壁塗装を行うのに最適であり、具体的には春休み頃からゴールデンウイークまでのシーズンが外壁工事に適しています。
今回の記事をぜひ参考にして、外壁塗装を行ってみてくださいね。

  • 資料請求
  • お問い合わせ