君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

千葉県の外壁塗装業者が解説!外壁塗装で大切な養生について!

2020年7月30日

外壁塗装と聞くとどのような工程を思い浮かべるでしょうか。
もちろん、塗装も大切ですが、住宅を守るために養生という作業も必要不可欠です。
そこで今回は養生について紹介します。
千葉県在住の方はぜひご覧ください。

□養生とは何かについて

外壁塗装をする際に養生という工程があることをご存知ですか。
養生とは工事をする際に必ず行われる工程で、建物の保護を目的としています。
外壁塗装の場合は他にも目的があります。
以下で詳しく見ていきましょう。

1つ目の目的は塗料の付着を防ぐためです。
塗料は塗り方によっては周りに飛び散ります。
また、一度付いた塗料は落としにくいため、業者は細心の注意を払って塗装を行います。
しかし、用心していても、ふとした瞬間に塗料が住宅周りに飛ぶ可能性があるでしょう。

そのため、予め養生をすることで万が一塗料が飛び散っても住宅や車を守れます。
さらに、他の住宅が近い場合、近隣住民の住宅や車にも被害が及ぶ可能性があります。
すると、トラブルに発生するでしょう。

2つ目の目的は塗り分けを行うためです。
外壁塗装を行う際には壁以外にも玄関周りや窓枠を塗装する場合があります。
同じ色を塗らない場合、はみ出さないように慎重に塗る必要があります。
そこで、塗らない場所を最初に養生し、塗る際には他の場所を養生することで余計な色が付くことを防げるでしょう。
このような手間を加えることで住宅の外観が美しくなります。

3つ目の目的は仕上がりを良くするためです。
外壁塗装では真っ直ぐな線を引くこともあります。
しかし、機械を使わずにハケやローラーで塗装する場合、真っ直ぐな線を引くことは熟練の職人でも難しいでしょう。
そのため、養生を真っ直ぐに貼ることで、その上から塗料を重ねることで真っ直ぐな線を引けるのです。

□養生をする箇所について

養生する際には住宅や周辺が汚れることを防ぐために様々な場所にします。

1つ目は住宅全体です。
住宅全体には飛散防止シートを張ります。
住宅全体が灰色の少し透けているシートで覆われているところを見たことがありませんか。
あのシートが飛散防止シートです。

外壁塗装では汚れを取るための洗浄や塗装をするため、水や塗料、ほこりなどが飛び散る可能性が高いです。
汚れが周囲に飛び散るのが気になる場合は、飛散防止シートを使うことで汚れることを減らせるでしょう。
また、飛散防止シートはメッシュ状のため、通気性に優れています。
そのため、塗料の独特な臭いがこもりにくいです。

2つ目は車です。
住宅に駐車場がある場合、車にも汚れが付着する可能性があるでしょう。
特に洗浄の工程や風が強い日の作業では飛散しやすいため、車も養生する必要があります。

しかし、車にシートを被せると聞くと、車が傷つかないか心配になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
車を養生する際は不織布のカーシートを用いることが多く、傷が付きにくい仕様になっています。

また、近隣住民も車を所有している場合は飛散する可能性のある工程の日にシートを被せることが良いとされています。

3つ目は室外機です。
住宅にエアコンを設置している方は多いでしょう。
室外機はエアコンの騒音や振動を室外へ追い払うために設置されるため、エアコンがある住宅には必ず室外機があります。
壁から近いところに設置されている場合が多く、養生しないと汚れてしまいます。

しかし、室外機をシートで完全に密閉してしまうと、空気の循環が上手くいかず、エアコンの故障にも繋がります。
そのため、空気の逃げ道を作ってシートで包むか、覆うタイプのシートを使用することが多いでしょう。

□養生の注意点について

養生は住宅を守るために必要不可欠なものであることがお分かりいただけたと思います。
しかし、養生をする際にはいくつかの注意点があります。
詳しく見ていきましょう。

1つ目の注意点は窓が開けられなくなることです。
養生された窓はビニールに覆われるため、開閉が難しくなります。
窓のサッシや窓ガラスを汚さないためにも業者は必ず養生をするため、窓が使えなくなることは避けられないでしょう。

無理矢理窓を開けてしまうと養生用のビニールが破け、余計なところに塗料が付く恐れがあります。
しかし、どうしても開けたい場合は、業者に頼むことで住宅に影響が出ない程度に窓の養生に穴を開けてもらえるでしょう。

2つ目はビニールに覆われた窓はエアコンや給湯器の使用に支障が出ることです。
室外機について説明したように、エアコンの室外機を完全に養生して空気の通りを悪くしてしまうと、故障の原因に繋がります。

さらに、給排水設備や給湯器も養生された状態で使用すると、異常着火や燃焼不良を起こして危険でしょう。
エアコンや給湯器を使用したい場合は、事前に業者に伝えることで、安全に使用できる養生の仕方をしてもらえます。
そのため、一度相談することをおすすめします。

□まとめ

今回は養生について紹介しました。
外壁塗装時に養生は必要不可欠であることがお分かりいただけたと思います。
千葉県で外壁塗装を検討されている方はぜひ当社にお任せください。
お客様からのお問い合せを心からお待ちしております。

  • 資料請求
  • お問い合わせ