君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

千葉県にお住みの方へ!外壁塗装のはがれについて解説します!

2020年7月7日

外壁における塗膜のはがれという現象をご存知ですか。
はがれは経年劣化が原因の1つと言われています。
しかし、施工不良でも起こりやすいため、注意が必要でしょう。
そこで今回は、はがれの施工不良による原因とその影響、見つけたときに何をすれば良いかを紹介します。
千葉県に在住の方はぜひご覧ください。

□はがれが起こりやすい原因とは

はがれが起こりやすい原因の1つ目は、下地剤が適切でない場合です。
外壁塗装では一般的に3度塗りをする業者が多いでしょう。

その最初の塗装のことを下塗りと呼びます。
下塗りは外観を決める仕上げの役割はなく、土台となる壁を整えたり、後に重ねる塗料と壁との密着性を向上させたりします。
例えば、壁にひび割れが起こっている場合、そのひびを補修し、下地の役割を果たします。

しかし、適した下塗り剤を使用しないと、はがれが起こりやすいでしょう。
下塗り剤は種類が豊富なため、外壁の様子を見極めた上で選ぶ必要があります。
外壁が劣化し、塗料を吸収しやすい状態の場合、下地を塗っても効果が得られないかもしれません。
下地がしっかりとしていないところに塗料をさらに重ねても仕上がりが微妙になり、塗装による外壁の保護力も劣る可能性があります。

原因の2つ目は下地の処理が不十分なことです。
塗料で補修作業をすると塗料の持ちが良くなると説明しました。
しかし、塗料の密着性を上げるためには、外壁自体を馴染みやすい状態にすることが大切です。
この作業が省かれると、耐用年数が長い塗料を使用しても数年ではがれが発生するでしょう。

処理の工程には、高圧洗浄やケレン作業などが含まれます。
ホコリやチリが付いたままの壁では、塗膜と外壁との間に隙間ができて、はがれが起こりやすいです。
そのため、入念に洗ってくれる業者を選ぶ必要があるでしょう。

また、ケレン作業とは住宅のさびや古い塗膜をはがすことを指します。
さびや古い塗膜も新しく塗る際に邪魔になります。
洗浄で古い塗膜は落ちますが、それでも残ったものを排除するのがケレン作業です。
比較的新しい住宅ではさび取りはあまり行われませんが、1つでも見つかったら住宅全体をくまなく確認してもらうと良いでしょう。

□はがれによる影響とは

はがれが起こる原因を紹介してきましたが、はがれが起こると住宅にどのような影響を及ぼすのでしょうか。
「そこまで悪影響がないのなら、気にしない」
このようにお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、塗膜のはがれは住宅に大きな影響を与えます。

影響の1つ目は、住宅の外観が悪くなることです。

住宅の第一印象を決定する要素に塗料は大きく関わってくるでしょう。
壁のはがれが多い住宅を見たときに多くの方がボロボロだという感想を抱くと思います。
せっかく塗り直して綺麗にしたつもりが、すぐにはがれてしまうと近隣住民や来客に悪い印象を与えかねません。
見た目を維持するためにもはがれを起こさない業者を選ぶ必要があるでしょう。

影響の2つ目は住宅を守る効果が薄れることです。

外壁の塗装には、紫外線や風などの外的環境による劣化から住宅を守る役割があります。
また、雨や雪によって浸水し、住宅の芯が腐ることを防ぐ効果もあります。
これらの効果を十分に発揮するためには、一定の周期で塗り直すことが大切でしょう。
しかし、はがれが起こりやすいと、塗料の寿命よりも早くに効果が切れて住宅自体の寿命を縮める恐れがあります。

□はがれを発展した際の対処法とは

はがれを発見したら、すぐに塗り直ししてもらうことをおすすめします。
塗り直してから数年ではがれを発見したら、ショックですよね。
外壁塗装は高額なため、すぐに塗り直しはしたくないと思う方もいらっしゃると思います。

しかし、はがれを放置すると非常に危険な状態になるでしょう。
放置すると、さらにはがれが広がっていく可能性があります。
下地の部分まではがれてしまうと、雨漏りが起こりやすくなります。
雨漏りが起こった住宅はどんどん住宅の奥まで浸水し、最悪の場合、住宅の寿命を縮めるかもしれません。

経年劣化によらないはがれが起こった場合、他の場所でもはがれが起こりやすい可能性があります。
その箇所がないか確認をする必要があります。
また、施工不良によるはがれは塗ってから2、3年経ってから起こると言われています。
本来の寿命であればおよそ10年は持つため、非常に短いことが分かりますね。

そのため、はがれを発見したら速やかに業者に相談することをおすすめします。
業者によっては相談を無料で行うところや塗り直しに対応しているところがあります。
万が一に備えて、業者を選ぶタイミングで、このようなオプションがあるかどうかを判断材料にすると良いでしょう。

□まとめ

今回は外壁塗装ではがれが起こる原因と影響、その対処法を紹介しました。
業者に依頼する場合、全ての作業のチェックは難しいと思いますが、できるだけ確認を取ることをおすすめします。
また、万が一はがれを発見した際は、すぐに業者へ相談しましょう。
外壁塗装を検討されている千葉県在住の方はぜひ当社にお任せください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ