君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

千葉県にお住まいの方必見|屋根塗装をすべき時期について

2019年12月30日

「屋根塗装をするにあたって、塗装に適している時期はあるのか知りたい。」
「かなり塗装が剥げてきたが、屋根塗装するべきかどうかを見極めるポイントを知りたい。」
このような考えの方は多いのではないでしょうか?
実は塗装に適している時期に施工しないと、作業が遅れてしまったり、仕上がりが悪くなったりする場合があります。
きちんと適した時期を把握しておくと、予定の期間内にきれいに仕上げられるでしょう。
この記事では屋根塗装をするのに適切な時期について説明します。

 

□屋根塗装をするのに適切な時期について

屋根塗装をする上で十分に乾燥できる環境が最も重要です。
気温が5度以下または湿度が85パーセント以上の環境だけでなく、霜や露が降りる時期も適していません。
特に霜や露は、大気中の水蒸気が冷やされ、塗装した外壁の表面に付着します。
そのため、仕上がりの状態が悪くなる恐れがあるでしょう。
塗装に適している季節は春か秋だと言われています。
春か秋だと気温の変化がそこまで激しくないですし、湿度が高くなりすぎることもないからです。
ある程度気温が高い方が、塗料は乾燥しやすいですが、気温が高すぎる夏は塗装に適していません。
気温が高すぎると、塗装した外壁の表面に気泡ができて弾ける場合があります。
また、冬の場合だと外壁の表面が凍ってしまうことがあります。
温度や湿度、季節などのあらゆる要因を考慮して塗装時期を決めてください。
加えて、地域によって季節ごとの気温や湿度、日照時間がかなり異なります。
ご自身が住んでいる地域の特徴を理解した上で塗装時期を決めると、スムーズに施工できるかもしれません。

 

□屋根塗装をすべきか見極めるポイント

 

*雨漏りがする

雨漏りがするということは、屋根の劣化は表面だけでなく、内部でも起こっていることを指します。
屋根そのものが機能していないため、柱や内部の木材が腐食するだけでなく、放置し続ければ家の内部の柱や天井にまで悪影響を及ぼすでしょう。
一度しみができると、柱や木材に加えて、壁紙も補修する必要があります。
この状態になると、全体の補修費がかなりかさむので、早めにリフォームをすることで問題の深刻化を防げます。
雨漏りの影響が深刻化する前に、屋根全体をリフォームすることをおすすめします。

 

*屋根にカビやコケが付着している

屋根材の劣化とともに塗装が剥げると、塗料の防水性や防カビ性が失われてしまいます。
ひびや割れ目が無い場合は塗装のやり直しで済みますが、劣化が進んでいる場合は溝の補修を先にしてください。
最近では、防カビ性の高い塗料の開発が進んでいるので、塗装し直す際はこのような塗料を使用してください。
屋根に繁殖したカビを放置し続けると、外壁にもカビが繁殖してしまうので、外壁の塗料が剥げている場合は両方の塗装工事をおすすめします。
また、塗装し直した後も日頃から定期的に屋根や外壁の掃除や点検をして繁殖を防いでください。

 

*屋根の機材の色にムラがある・色あせている

以前に屋根塗装をしてから年数が経っている場合や、塗料の耐用年数を超えていることが原因です。
色褪せは家の外観も損なわれてしまうので、早めに工事を行いましょう。
屋根塗装をするだけで状況は改善されますし、屋根や外壁がきれいになると新築のように見違えます。

 

*釘抜け

金属製の屋根の場合は釘で固定されています。
その釘が気温の影響で膨張や収縮を繰り返すうちにくぎが歪み、固定材として機能しなくなるので、屋根が浮いてしまいます。
くぎの劣化が屋根の劣化やさびの原因になりますし、屋根の下地材がむき出しになる場合もあるので注意しましょう。

 

□屋根塗装の耐用年数について

屋根の塗装の塗り替え目安は10年ごとと言われています。
屋根は常に風や紫外線の影響を受けているので、外壁よりも劣化が早いと言われています。
一般的にスレート系は7~8年、金属系(ガルバリウム銅板の場合)や粘度系瓦は20~30年もつと言われています。
特に粘度系瓦は色落ちも少ない上に高品質なので人気のある屋根材です。
屋根材そのものの耐用年数が長くても、塗り替えは最低でも10年ごとに行ってください。
塗料を選ぶ際には、外壁の劣化状況を考慮しながら選ぶのも良いでしょう。
また、それぞれの塗料に記載されている耐用年数を目安にして選ぶのも良い方法です。

 

□まとめ

今回は屋根塗装をするのに適切な時期について説明しました。
屋根の劣化状況や季節を考慮した上で、時期を決めると最適な状況で塗装が行えるはずです。
上述したいくつかのサインを把握しておくと、工事を行うべきか判断できるので覚えておくと良いでしょう。
外壁や屋根は定期的に点検をして、劣化の進行状態を把握しておくことをおすすめします。
万が一、悪徳業者に工事を進められても自身で状況を把握しておけば、きちんと断れるでしょう。
千葉県にお住まいの方で質問や不明な点がある方は気軽に当社にご相談ください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ