君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

千葉県にお住まいの方必見|外壁塗装の際の隣家とのトラブル解決法について

2020年2月13日

「外壁塗装をする際に隣人に迷惑をかけないか心配である。」
「外壁塗装が原因で隣家とのトラブルに発展する事例を知りたい。」
このような考えの方は多いのではないでしょうか?
意外と工事が原因で近隣のコミュニティーとの関係が悪くなってしまうことが多いです。
外壁塗装をする前にトラブルに発展する事例や対処法を知っておくと、安心して外壁塗装を行えるでしょう。
この記事では外壁塗装の隣家のトラブル例、解決法について説明します。

 

□隣家のトラブルの例

*騒音被害

足場を組み立てる際に、足場の種類によっては大きな音が出るものがあります。
施工面積が広い場合や高層マンションの場合は足場の設置にも時間を要するので騒音被害に繋がりやすいです。
しかし、外壁塗装の工事は、足場を組み立てる時と撤去する時にしか大きな音はしないので、その時々に音が発生することを隣人の方に事前に伝えておきましょう。

 

*においの被害

使う塗料の種類によって、においの強さが左右されますが。
特にシンナーと混ぜ合わせるタイプの塗料や、油性塗料は塗料のにおいがきつく、乾燥しきるまでにおいが残ります。
においがきついものの方が塗膜は厚くなるので、耐久性が高いですが、においの発生は避けられません。
そのため、丁寧に隣人の方に断っておくことをおすすめします。
人によってはにおいの影響で気分が悪くなったり、体調が悪くなったりするので、事前に説明をしてください。

 

*敷地の侵入違反

足場を隣家の方の敷地内に組む場合があります。
やむを得ず隣家の敷地に足場を組み立てる必要がある際は業者だけでなく、ご自身でも隣家の了承を得るべきでしょう。
了承を得た際はトラブルにも発展しませんし、侵入違反ではないです。

 

*飛散被害

隣家の方が駐車している車への飛散被害は多いです。
それを防ぐために、足場の設置後にメッシュシートをかけますが、わずかな隙間から飛散することがあります。
あらかじめ隣家の方に車の養生を依頼できますが、車の出し入れの度に養生をするので、隣家の方の生活に支障をきたしかねません。
そのため、一般的には業者が加入している保険で隣家の方の損害を賠償金という形で補います。
必ず飛散被害におけるトラブルはご自身で解決しようとしないでください。
隣家の方と個人的に交渉したり、市販の薬剤で塗料を落とそうとしたりするのは状況を悪化しかねないので危険な行為です。

 

*駐車違反

工事をする際に足場の設置や、機材の搬入のために道路に駐車をする必要があります。
そのため、道路使用許可の手続きが必要です。
この正式な許可を得ていないと不法駐車になるので注意が必要です。
また、この手続きには少し日数が必要なので、契約時に工事の日程が決まった時点で、早めに発行手続きの手順を把握しておくと良いでしょう。
加えて、道路を塞いでしまうだけでなく、道路を整備する人たちの人件費も発生するので、手順や別途で発生する費用の金額も把握しておいてください。

 

□トラブルの解決法

*業者に直接連絡をする

着工前に工事の案内として連絡先が記載されたチラシが配布されます。
その連絡先に直接連絡して、被害内容を伝えれば対処してもらえます。
大体の場合は、被害を受けている隣人の方が業者に連絡することが多いですが、隣人の方よりも先に近隣に影響を与えていることが分かった場合は業者に直接連絡してください。

 

*具体的な工事の日程や時間帯を把握しておく

着工日や工事期間だけでなく、どの日にどのような工事をするのかまで把握しておくと良いでしょう。
そうすることで、においが発生する日や大きな音が発生する日が分かるので、その情報を隣人の方と共有してください。
事前に日程を把握しておくと、その間に隣人の方が出かけて被害を受けないようにするなどの対処ができます。
また、休日に工事を行うかどうかや、具体的な時間帯も共有しましょう。
加えて、できるだけ早朝や夕方以降の工事は近隣の方に迷惑なので、避けてください。

 

*日頃からのコミュニケーションを活発にする

工事の説明を事前にしていても、工事期間中、隣家の方はストレスを感じてしまいます。
それだけでなく、仮に工事をしている家の住人に横暴な態度を取られたら、トラブルに発展しかねません。
工事期間中だけでなく、日頃からコミュニケーションを活発にして、良好な関係を築くとトラブルへの発展を防げるかもしれません。

 

□まとめ

今回は外壁塗装の隣家のトラブル例、解決法について説明しました。
依頼者はトラブルを未然に防ぐために、事前に隣家の方や業者とのコミュニケーションを積極的に取りましょう。
また、隣家の方は口論などにならないように落ち着いた状態で被害内容を伝えると、トラブルに発展しないでしょう。
業者が行う挨拶回りだけでなく、個人的にもきちんと説明をしておくことをおすすめします。
千葉県にお住まいの方で質問や不明な点がある方は、気軽に当社にご相談ください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ