君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

千葉県にお住まいの方へ外壁塗装の工事の流れを解説!

2020年12月21日

「外壁塗装工事について知りたい。」
「外壁の塗装工事ってどのようにするの。」

千葉県にお住まいの方でこのように考えている方はいらっしゃいませんか。
外壁の塗装工事をすることでおうちをきれいに見せたいですよね。
そこで今回は千葉県にお住まいの方に外壁塗装の工事の流れを解説します。

□工事の流れについて

外壁塗装の工事の流れを知っていますか。
工事の流れを知っておくことで疑問点を減らせますし、何か不安に思ったことがあれば聞きやすくなると思います。
そこで工事の流れを見ていきましょう。

まずは足場を作ります。
塗装するときの危険を防止するために必要ですね。
ご近所に迷惑がかからないようにメッシュシートを取り付けます。

次にバイオ洗浄と高圧洗浄を行います。
塗膜の性能を十分に発揮させるために汚れやカビ、藻、劣化した塗膜を落としていく作業です。
建物の構造によっては水が中に入ってしまったり、酷く劣化した外壁材だと破壊してしまったりする可能性があり、この作業を行わない場合もあるので注意してください。

次はビス打ちです。
サイディングの浮き上がりはビスを用いて防ぎ、モルタルの場合は低圧の注入をするかシーリングによる下地処理を行います。
軽度の浮きであったり反りであったりすると依頼主様と相談して補修を決めていただくこともあるので知っておいてください。

ビス打ちが終わると、シーリングの撤去に移ります。
サイディングの目地については基本的に打替えになるので、今まで使っていたシーリングは全て撤去されます。
撤去後はシーリング専用のプライマーを塗布するので安心してください。

コーキング打ち込みがあって、それが終わると下塗りをしていきます。
一般的には透明もしくは白色の下塗材を塗布しますが、外壁の状態によっては変更になることもあるので頭に入れておきましょう。

下塗りが終わると、中塗り、上塗りと進んでいきます。
中塗りでは1回目のトップコート塗布を、上塗りでは2回目のトップコート塗布をします。
さまざまな塗布材から選べるので、わからない場合は担当者におすすめを聞いてみてください。
中塗りと上塗りでは色の発色を良くするためにあえて別の色を使うこともありますので、ご注意ください。

そして部分塗りをして仕上がりの最終確認を行い、完成です。
工程がたくさんあり難しいとは思いますが、重要なところをきちんと押さえておくことで塗装についての要望がしやすくなるかもしれません。

□塗装の目安について

ではどのような現象が起きたときに塗装をすれば良いでしょうか。
これからみていきましょう。

工事をしようとお考えになる方の多くは外壁塗装の異常に気付いてから対応する場合が多いです。
外壁と屋根はおうちを守ってくれているので、毎日紫外線を浴びたり、雨や風にさらされたりしています。
そのため少しずつ劣化してくるのもわかりますね。

塗装を行ってから10年ほどで再塗装をするのが目安とされています。
しかし、再塗装をしようと思っても見た目はそこまで悪くなっていないから「まだ良いか」という気にもなりますよね。
そこで知っておくと良い再塗装のサインを3つ紹介します。

1つ目は、チョーキング現象です。
チョーキング現象とは、外壁を触ったときに白い粉が手につく現象を指します。
手につくとわかりやすいのでこれは1つの良いサインになるでしょう。

2つ目は、ひび割れが起こっていないかです。
ひび割れが起こっているのもわかりやすいサインですね。

3つ目は、剥がれている部分がないかです。
1つでも剥がれている部分があると、そこから広がりやすいので早めに再塗装を行いましょう。

□工事期間に注意するポイントとは

工事期間中に何を注意しておけば良いかはなかなかわかりにくいですよね。
そこで工事期間中に注意するポイントを3つ挙げるので見ていきましょう。

1つ目は、作業しているところに訪れることです。
きちんと訪れることでこちらも「見ている」ということを伝えられます。
毎日見にいくことは難しいかもしれませんが、できる限りは見にいくようにしましょう。
また納得のいかない部分があったり、疑問が出てきたりしたらその場ですぐに聞くことも大切なので覚えておいてください。

2つ目は、工程通りに進んでいるのかを担当者に確認することです。
塗装の内容が要望通りになっていないこともあります。
ミスを防ぐためにも作業がきちんと進んでいるか確認しましょう。

3つ目は、明るい昼の時間に塗装のチェックをすることです。
暗い時間に行う場合は見えにくく、チェックしようとしてもできないことがほとんどです。
お昼にあまり時間がないときはカメラで写真を撮って後からじっくり見直すことも良い手段でしょう。

□まとめ

今回は、千葉県にお住まいの方に外壁塗装の工事の流れを解説しました。
外壁塗装の工事の流れについて理解できたと思います。
流れを知っておくと今後依頼するときも話がわかりやすいですよね。
何かわからないことがあればお気軽に当社にご相談ください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ