君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

千葉県にお住まいで外壁塗装をご検討中の方へ!台風対策について解説します!

2021年4月30日

「外壁塗装を検討しているが、台風対策について知っておきたい」
千葉県にお住まいで、このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

せっかくの外壁塗装が、台風によって被害を受けてしまったら悲しいですよね。
今回は、台風が来てしまった時の対応方法や、未然に被害を防ぐためにやっておくべきことについてご紹介します。

□台風が来てしまった場合にどのような対応をとるべきかについて

台風が起こると激しい風や雨などが直撃し、外壁塗装にとって大きな敵になります。
また、小さいと思っていた台風が予想以上に大きかったり、予報と少し外れて想定外の直撃を受けたりと、不安な要素が大きいですよね。

そこで、台風が来てしまった場合にどのような対応をすれば良いのかについて詳しく解説します。

まず1つ目に大切なのは、足場の対策です。

足場は、外壁塗装の工事中に台風が来た場合、最優先で注意が必要です。
塗装そのものの汚れや傷などは、後から直せますよね。
しかし足場がもしも強風で崩れてしまった場合、大きな事故を引き起こしてしまいますし、命にも関わります。

実際に過去にも、強風によって足場が崩れてしまい、けが人がでてしまったという事故が発生しています。

塗装そのものを守る前に、まずは足場の対策が最優先で必要です。

具体的な対策方法として、ネットを外すことが挙げられます。
普段は足場にネットが取り付けられています。
これは、外壁塗装で使用する塗料が飛び散ってしまうのを防ぐためのものです。

ではなぜ、台風の時はこれを外す必要があるのでしょうか。
それは、ネットがあることで風がダイレクトに足場に直撃してしまうことになるからです。

ネットがあると、足場が強風をより受けやすくなる状況になってしまいます。
それによって、足場が崩れるリスクが高くなります。

また、崩れはしなくても、足場がぶつかることで外壁に大きな傷を残してしまう可能性もあります。
そのため、台風が来たらすぐにネットを外すようにしましょう。

続いて、外壁と足場をくっつけている部分のチェックを行いましょう。
普段は、足場と外壁は完全に固定されているわけではなく、少し浮かせたり、場合によっては外したりしていることもあります。

これは、しっかりと塗料を全体に塗るためです。
接続部分だけ塗料が十分に塗れないという状況を防ぐため、このような対策がされています。

しかし台風が来た時、部材が浮いていたり緩んでいたりというのは足場の大きな事故に繋がります。
崩壊しなかったとしても、部材が緩んでいることで足場が揺れやすくなり、家を傷つけてしまいます。

そのため台風の際は、足場と外壁がしっかりと固定されているかどうかをチェックし、緩みや浮きがない状態にしておく必要があります。

2つ目に、ビニール養生を取り払うことです。
ビニール養生は強風の際、大きな音をたてるため、自分自身も台風への恐怖心が増してしまいますし、近隣住民とのトラブルにもなりかねません。

台風が来ると分かってから実際に直撃するまでには猶予があるため、ビニール養生も忘れずに取っておきましょう。

以上2つが、台風が来た際の対応についてです。
まずは何よりも優先して足場を守りましょう。
そして足場の安全が確保できたら、ビニール養生を取り払い、近隣住民とのトラブルを防ぎましょう。

この時のポイントとして、台風を理由に工事の期間の短縮を提案してくる業者には注意が必要です。
短縮した分、品質が下がってしまうという懸念が生まれるからです。
台風が来てしまう場合は、無理に終わらせようとするのではなく、冷静な対策を心掛けてください。

外壁塗装は何度もできるものでもないですし、大きな金額が必要になる工事です。
後悔しないためにも、台風を乗り越えながらしっかりと時間をかけて工事を行ってもらいましょう。

□台風が来る前にやっておくべきことについて

台風が来る前に、家の点検を依頼することをおすすめします。
そのメリットについて2つご紹介します。

1つ目は、最小限の劣化で抑えられることです。
台風シーズン前に補修することで、不安なく台風を乗り越えられます。
外壁などは外れかけの状態の場合は再利用できますが、完全に外れてしまったり風で飛ばされたりしてしまうと再利用はできません。

被害や被害による出費を最小にするためにも事前の点検をおすすめします。

2つ目は、台風で被害を受けた場合、施工を直近で行った家を優先的に対応してくれることです。
台風シーズンの直前に施工を完了させることで、もし台風で被害があった場合にも速やかに対応してくれます。

□まとめ

今回は、外壁塗装の工事中に台風が来てしまった場合の対応方法について解説しました。
もしもの時の対策方法が明確になり、安心感に繋がったのではないでしょうか。

また、台風シーズン前に点検や施工を行う大切さについても解説しました。
今回お届けした情報を参考に、満足のいく外壁塗装工事を行ってください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ