君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

千葉県で外壁塗装を検討している方へ!気候との関係について!

2020年11月6日

千葉にお住いのみなさまは気候が外壁塗装に影響すると思いますか。
もし影響するならどのような気候が外壁塗装に適しているのでしょう。
今回は、塗装と気候との関係性についてお話しします。

□塗装工事と気候の関係性について

塗装作業は基本的に室外で行われます。
そのため、職人の技術に加えてその日の環境も完成度に大きく関係しています。
例えば、気温が高くなるほど乾きやすくなります。
しかし、気温が高くなりすぎると針でつつかれたような小さな点ができてしまうかもしれません。

また、湿度が高くなりすぎることによって結露が発生するかもしれません。
このような天気は塗料にとって好ましくないです。
しかし、比較的穏やかな気候である日本は塗装を行いやすいです。
ただし、塗装ができない条件も存在しているということに注意をしてください。

例えば、塗装工事を行うのが困難だと思える環境になった場合が挙げられます。
猛暑日や氷点下、湿度が85パーセント以上になった場合がこれに当たります。
近年では、猛暑日になることが多いため、工事を中断せざるを得ないことがあります。
また、0度を下回る日は工事自体を行わないほうがよいでしょう。

これら以外にも、工事を避けた方がよい条件は存在します。
まず、早朝や夜間が挙げられます。
この時間帯は気温が低くなるため、霜や露が発生するかもしれません。
これらの付着を防ぐため、塗装は行わない方がよいでしょう。

次に、風が強く吹いている日も塗装工事に適しません。
風で舞い上がった塵や埃が付着してしまう可能性があるからです。
また、雨が降っている日も工事を避けた方がよいでしょう。
なぜなら、水は塗料の天敵だからです。

雨水が塗料に入ると濃度が薄まってしまいます。
また、塗装された部分に雨水があたると色にムラがでてしまいます。
防水シートを利用して作業を進められますが、仕上がりを良くするためにできるだけ避けた方がよいでしょう。

□気候が関係する理由とは

まず、気温が低いと乾燥しにくくなってしまうことが理由として挙げられます。
先述した通り、気温が高すぎることは問題となります。
しかし、気温が低いと乾かすための時間が必要になります。
そうなると、空中に舞っている塵や埃が外壁に付着してしまうかもしれません。

また、きちんと乾燥させずに重ね塗りしてしまうと施工不良を起こしてしまう原因となってしまいます。
トラブルに巻き込まれないためにも気温をこまめに確かめるようにしましょう。
次に、気温が低いと結露が発生しやすくなります。
これができると、外壁に水滴が付くため塗装を行えません。

また、乾燥していない部分に結露ができると施工不良の原因となるかもしれません。
これらを考慮して、結露が発生しやすい時間帯を避けるようにすることをおすすめします。

□季節ごとのメリットとデメリットをご紹介

*春に塗装を行う場合

春は、適度な気温と湿度であるため外壁塗装に適した季節だといえるでしょう。
塗装は見た目を左右するだけではなく、断熱性や防水性といったさまざまな機能を持っています。
これらの効果を十分に発揮するためにはきちんとした塗装が行われる必要があります。
また、気温が安定しているため塗料が乾きやすく、工事を順調に進められます。

これ以外にも、雨が少ないことやエアコンが無くても過ごしやすい季節であることが挙げられるでしょう。
雨が降る日が少ないため、仕上がりに影響を与えにくくなります。
また、窓が開けられなくなる外壁塗装中でも快適に過ごせるでしょう。
次に、春に塗装を行う場合のデメリットについて紹介します。

まず、予約が取れにくくなる可能性があります。
また、工事費用が高くなるかもしれません。
これは、春が非常に人気な季節であることが関係しています。
このため、春に塗装を行うことを希望する場合は、早めに予約を取っておくとよいでしょう。

次に、黄砂や花粉が飛ぶ季節であるため、それらが塗装に付着することが挙げられます。
飛散防止用のシートもありますが、不安な方は春を避けた方がよいでしょう。

*夏に塗装を行う場合

夏は気温が高い日々が続くため乾きが早くなります。
外壁塗装は下塗り、中塗り、上塗りを行うためそれぞれの段階で乾かす時間が必要です。
これらを考慮した際、塗料が乾きやすい夏であれば工期を短くできるかもしれません。
しかし、塗装工事中はエアコンが使えなくなるため室内で快適に過ごすことが難しくなるというデメリットもあります。
また、猛暑日やお盆には工事が休みになるかもしれないという点に注意が必要です。

*秋に塗装を行う場合

春と同様、秋も塗装しやすい季節となっています。
そのため、工事を順調に進められるでしょう。
しかし、台風や秋雨前線に注意して作業を行う必要があります。
仕上げを良くするためにもこれらの情報には気を付けるようにしましょう。

*冬に塗装を行う場合

基本的に外壁塗装には適していない気温になることが多いです。
そのため、冬に塗装を行うことは難しいといえます。
しかし、作業を行うことが不可能ではないため気温をこまめに確認するとよいでしょう。

□まとめ

このように、塗装と気候は深く関係しています。
塗装に適した季節を選ぶことで短い期間で工事を終えられます。
千葉で外壁塗装をお考えの方はぜひ参考にしてください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ