君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

千葉県で外壁塗装をしよう|外壁が劣化する原因をご紹介します

2019年4月23日

みなさんは外壁がどのような原因で劣化するのかご存じですか?
外壁は様々な要因で日々ダメージを受けています。
そこで今回は「外壁塗装が劣化する原因」をご紹介します。

 

□外壁塗装が劣化する原因4選

大きく分けて4つあるので、それぞれ順番に見ていきましょう。

 

*紫外線が原因

紫外線によるダメージは、最も外壁塗装が劣化する原因です。
日光が当たりやすい南側の外壁は特に劣化が早いため、南側の外壁は劣化状況を定期的に確認しましょう。
外壁が劣化することによって起こる、チョーキング現象や色あせが見られたら注意が必要です。

 

*雨風が原因

外壁塗装は雨風によってもダメージを受けます。
雨は酸性なので、外壁塗装の表面を少しずつ溶かし、溶かされたところに風によって巻き上げられたゴミやほこりが当たり、耐久性を落としていきます。
塗料の種類によって、防水性が高いものもあるので、雨風が強い地域は塗料選びに注意すると、外壁塗装の劣化をかなり抑えることができるのでおすすめです。

 

*下地の乾燥が原因

外壁塗装では、外壁に塗料を直接塗るのではなく、下地を作り、その上から塗料を塗っています。
そのため、全ての外壁には下地があるのですがその下地が乾燥すると外壁塗装にまで影響が出てしまいます。
下地が乾燥して縮むことで、ひび割れが起きてしまいます。
そうなると、塗装が剥がれやすくなってしまうので、下地のチェックを定期的に行うことがおすすめです。
もし自分ではどのようにチェックしたら良いかわからない場合は、業者に依頼すると良いでしょう。

 

□定期的にメンテナンスをしよう

ここまでで、外壁塗装が劣化する原因をご紹介しました。
外壁塗装は、どうしても日々ダメージを受けてしまいます。
そのため、必ず定期的にメンテナンスをする必要があります。
一般的なシリコン系塗料を使っている場合は、10年ごとにメンテナンスをしましょう。
もし、以前外壁塗装を行ってから数年で劣化してきた場合は、業者の手抜き工事または塗料がその地域に適していないことが考えられます。
そのため、外壁塗装の劣化をしっかりと防ぐためにも、優良な業者を選び、お住いの地域に適した塗料を業者と相談しながら選ぶことが重要です。

 

□まとめ

今回は「外壁塗装が劣化する原因」をご紹介しました。
紫外線や下地の乾燥が原因で外壁は劣化してしまいます。
そのため、外壁の点検は定期的に行いましょう。
もし、下地のひび割れのような症状を見かけたら外壁塗装が必要です。
定期的にメンテナンスを行い、綺麗な外壁を保ちましょう。
もし何かわからないことがありましたら、お気軽に当社にご連絡くださいね。

  • 資料請求
  • お問い合わせ