君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

千葉県で外壁塗装をしたい方へ!雨漏りについて解説します!

2020年9月6日

「住宅の雨漏りが心配」
このように思っている方もいらっしゃると思います。
確かに、自分の住宅が雨漏りしてほしくないですよね。
そこで今回は、壁からの雨漏りについて説明します。
千葉県在住で雨漏りに不安がある方はぜひ参考にしてください。

□雨漏りの原因とは

雨漏りはどこで発生するのでしょうか。
屋根から雨漏りは発生すると考える方も多いでしょう。
しかし、雨漏りは外壁からも発生します。

外壁で雨漏りをしていると、床に水がたまるような目視で確認できる現象は発生しません。
その代わりに、断熱材が水分を吸収します。
そのため、雨漏りに気付く人が少なく、発見した時点でもう手遅れという場合があるでしょう。

外壁から雨漏りが発生する場合、原因として考えられるのは壁材の劣化です。
壁材は種類ごとに特性や耐用年数が異なります。
耐用年数が短い壁材ほど、外部のダメージを受けやすいでしょう。

外壁の劣化には、ひび割れやコーキングの劣化などがあります。
ひび割れとは、外壁に線が走っている状態を指します。
ここから水分が住宅内へ侵入し、雨漏りを発生させます。

それでは、ひび割れを見つけたらすぐに補修する必要があるのでしょうか。
軽度なひび割れの場合、すぐに雨漏りが起こる可能性は低いでしょう。

その軽度なひび割れをヘアークラックと呼びます。
ヘアークラックとは幅が0.3ミリメートル以下であるひび割れを指します。
また、壁材自体に穴が開いたものではなく、塗膜にひびが入っている場合も多いです。
特に、外壁塗装の作業が雑であったことが原因になることが多いでしょう。

そのため、ヘアークラックでは雨漏りが起こる可能性は低いです。
しかし、ひび割れの初期段階を放置していると、悪化する可能性があります。
そのため、なるべく迅速な対応が求められるでしょう。

コーキングとは、壁材と壁材の継ぎ目を埋めているものです。
しかし、大幅な温度変化や紫外線によって劣化し、コーキングが剥がれてしまう場合があります。
すると、その隙間から水が浸入して雨漏りが発生します。

コーキングの剥がれが小規模の場合は、雨漏りする可能性は低いでしょう。
しかし、1箇所でコーキングの剥がれが発生していると、住宅の他の場所でも起こっている可能性があります。
油断せず、早急な対応が必要でしょう。

□雨漏りが住宅に及ぼす影響とは

上記では外壁から雨漏りが起こる原因を説明しました。
それでは、雨漏りは住宅にどのような影響を与えるのでしょうか。

1つ目の影響は住宅の木材が腐ることです。
住宅の構造体が木材であるという方も多いでしょう。
その木材に水分が付着し、十分に乾かない状態が続くと木材は腐ってしまいます。
そして、木材が腐敗することで、住宅の強度が落ちるでしょう。
そうなると、住宅が傾いたり、最悪の場合だと地震で倒壊したりする可能性もあります。
また、住宅内が腐敗していると、住宅の価値も下がることにもつながるでしょう。

2つ目はシロアリの温床になることです。
シロアリは住宅の木材を食べる害虫であると知っている方も多いでしょう。
そのシロアリは湿ったところを好むため、住宅の木材が湿っていると集まりやすいです。
シロアリ対策のために防蟻処理を施していない場合は特に注意が必要です。
住宅の建て付けが悪いと感じたときには手遅れになっている場合もあるため、定期的な検診が必要です。

3つ目はカビの繁殖です。
外壁の内側で雨漏りが起こると、カビが発生しやすくなります。
壁紙を剥がした際に、カビが大量発生している可能性もあります。
カビが付着していると、住民の健康を脅かすでしょう。
カビはシックハウス症候群の原因でもあるため、アレルギーや呼吸困難になる方もいらっしゃいます。

□雨漏りの対策について

雨漏りは住宅や住民に大きな影響を与えることがおわかりいただけたでしょうか。
それでは、外壁からの雨漏りを防ぐためには何をしたら良いのでしょうか。
以下では、その方法について詳しく解説します。

水の浸入を防ぐために、外壁塗装は有効と言えます。
この際、必要なことは塗料に防水性があることです。
一般的な塗料で塗装を行っても、雨漏りを防ぐ力は小さいでしょう。
そこで、防水性の高い塗料を用いることで、雨漏り予防の効果が期待できます。

防水性の高い塗料とは、水分を弾くことで隙間から水が入り込むことを防ぎます。
「それでは、住宅を建てた段階で使っておけば良いのでは」と考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、防水性の高い塗料の効果は一生ものではありません。
紫外線やホコリ、チリなどの外部の環境による影響を受け続けていると、効果は次第になくなっていきます。
そのため、定期的な塗り直しが必要です。

塗料の種類によって塗り直しの時期は異なりますが、住宅で一般的に使われている塗料では10年前後が塗り直しのタイミングと言われています。
しかし、その期限までに外壁に異常が現れた場合は、迅速に対応する必要があるでしょう。

□まとめ

今回は雨漏りの原因、影響、対策について説明しました。
壁由来の雨漏りは発見しにくいため、壁の状態を定期的に調べることをおすすめします。
当社では外壁塗装がしたい方のお手伝いをさせていただきます。
千葉県で外壁塗装を検討されている方は、ぜひ一度お問い合せください。
皆様からのご相談を心からお待ちしております。

  • 資料請求
  • お問い合わせ