君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

千葉県で外壁塗装をしたい方へ!外壁塗装の健康被害について解説します!

2020年7月14日

外壁塗装がしたい方の中には健康被害が気になる方もいらっしゃると思います。
せっかく住宅を綺麗にしたいのに、懸念材料があると不安ですよね。
そこで今回は外壁塗装による健康被害の原因や症状、その対策方法を紹介します。
千葉県在住の方はぜひ一度ご覧ください。

□健康被害の原因について

塗料は健康に悪影響を与えるといった話を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。
確かに、外壁塗装に使われる塗料には悪影響を与える成分が含まれているものも存在します。
昔より対策されているとは言え、完全に塗料による影響をなくすことはできないでしょう。

そのため、まずは何が影響を与えるのかを知る必要があるでしょう。
主に健康被害を与えると言われる3つの成分を紹介します。

1つ目はシンナーです。
この成分は有機溶剤の1種で、油性塗料に含まれています。
シンナーというと薬物のイメージがある方も多いでしょう。

しかし、塗料に用いられると、持ちを良くしてくれる効果があります。
そのため、対策をすることで健康被害を抑えられ、塗料の寿命が長いものを使用できるでしょう。
また、シンナーは独特な臭いの原因にもなっています。

2つ目は揮発性有機化合物です。
塗料の製造にあたって重要な要素のため、広く使用されています。
しかし、吸収すると健康被害を起こす可能性が高いでしょう。
空気中に広がりやすい性質があるため、塗装している場所から距離を保っているからと油断していると影響を受けている場合があります。

さらに、揮発性有機化合物は一度空気中に漂うとしばらくの間浮遊しています。
臭いが収まったと思っていても、少しずつ放出されるため、長期間吸い込み続けることで健康被害が起こることもあります。
工事が始まる前に対策が必要でしょう。

3つ目はホルムアルデヒトです。
シックハウス症候群を引き起こすと言われています。
シックハウス症候群とは、住宅で化学物質を許容範囲以上に吸収し続けていることで起こる健康被害のことを指します。

症状は鼻水が出るといった軽度なものから嘔吐するといった重度なものまで幅広いでしょう。
外壁塗装は住宅の外で行われるため、シックハウス症候群の症状は出にくいです。
しかし、敏感な方がいらっしゃる場合は注意が必要です。

□具体的な健康被害の症状について

健康被害を及ぼす可能性のある成分を紹介しましたが、実際にはどのような影響があるのでしょうか。

健康被害は特定の場所ではなく、体全体に影響が出ると言われています。
例えば、目や鼻、口などの粘膜の部分では、痛みやかゆみ、味覚障害などの異常が現れます。
筋肉や関節も影響を受け、症状として筋肉痛や関節痛が挙げられます。
これらは一例にすぎず、悪化すると血液や脳にまで影響を及ぼし、命に危険が迫る可能性があるでしょう。

また、精神面でも影響を受ける可能性があります。
うつの症状や食欲減退、思考力の低下などが挙げられます。
少しでも異常を感じたら、上記のような症状が出る前に対策をすることが非常に大切でしょう。

□特に赤ちゃんや妊婦の方、ペットがいる家庭では気を付けた方が良い理由について

上記で述べた影響は多くの人が経験する可能性があります。
しかし、赤ちゃんや妊婦の方がいらっしゃる家庭は、特に気を付ける必要があります。
赤ちゃんは、大人以上に塗料の影響を受けやすいと言われています。
そのため、少量吸収しただけでも赤ちゃんに健康被害が起こる可能性があるでしょう。

また、妊婦の方も注意が必要です。
妊婦の方に健康被害があると、胎児にも影響が及ぶかもしれません。

さらに妊婦の方の体内で濃縮が起こることがあります。
濃縮とはシンナーや揮発性有機化合物などの有害物質が溜まり、重度の影響を及ぼすまで濃度が濃くなることを指します。
濃縮が起こると、胎児は障害を持って生まれてきたり、流産になったりする可能性もあるでしょう。

さらに、人間以外でペットにも影響が及ぶ可能性があります。
体が小さくなればなるほど少量の塗料で健康被害が出ると言われています。
特に嗅覚が優れている動物の場合、人間以上に敏感と言えるでしょう。
外壁塗装の間はペットホテルや知り合いの家に預けることをおすすめします。

□健康被害を抑える対策について

*水性塗料を使用する

健康被害を及ぼす原因物質は油性塗料に多く含まれています。
塗料の改良や使用量の規定がされているものの、まだまだ懸念される方も多いでしょう。

そこで、水性塗料を使うことをおすすめします。
塗料に含まれている成分を溶剤で混ぜたものを油性塗料、水で混ぜたものを水性塗料と呼びます。
有機溶剤を使用していないため、健康被害も比較的起こりにくいでしょう。

*現場に近寄らないこと

外壁塗装をしている間は現場に近寄らないことが、1番効果的な対策方法と言えるでしょう。
そのため、塗装が行われる時期に親戚の家やホテルに滞在できれば、健康被害を抑えられます。

しかし、実際に自分の住宅を空けられない方もいらっしゃると思います。
そのような方は塗装のタイミングだけ住宅を開けると良いでしょう。
塗装の仕上げでは確認を求められるケースがあるため、前もって業者に予定を聞いておくことをおすすめします。

□まとめ

今回は外壁塗装による健康被害の原因や症状、対策方法を紹介しました。
少しでも異常を感じた場合は速やかに業者に相談することが大切です。
特に赤ちゃんや妊婦のような臭いに敏感な方がいる場合、対策は必須となります。
当社は千葉県で外壁塗装をしたい方のお手伝いをさせていただいております。

  • 資料請求
  • お問い合わせ