君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

千葉県で外壁塗装についてご検討の方!長持ちさせる方法をご紹介!

2021年2月6日

「外壁塗装を長持ちさせる方法を知りたい。」
千葉県にお住まいで、このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
外壁塗装を長持ちさせることは、家に長く住むために必要ですよね。
そこで今回は、外壁塗装を長持ちさせるための方法をご紹介します。

□塗装の耐用年数とその特徴とは

塗装の耐用年数を見ていきましょう。
耐用年数とは、利用できる予定の年数を指し、効果に限りがあることを示しています。
外壁塗装の耐用年数は大きく2つに分けられます。

1つ目は、塗料の耐用年数です。
こちらは、塗料を塗装してから何年間耐久性を保てるかを示したものです。

2つ目は、建物の耐用年数です。
こちらは、国税庁が発表している建築材ごとの建物の寿命を示したものです。

次に具体的な塗料の耐用年数と特徴を見ていきましょう。
まずは、アクリル塗装です。
発色がよく安価となっていますが、汚れやすく耐久性に劣り、耐用年数が5〜7年と短くなっているので、現在は外壁塗装にはほとんど使用されていません。

次に、ウレタン塗料です。
密着性が良く、価格、耐久性、機能性、施工性などのバランスが良いのが特徴です。
アクリル樹脂よりも耐用年数は長く、8〜10年となっています。

続いて、ピュアアクリル塗装です。
耐用年数は12〜15年で、防水性、遮熱性に優れています。
ただし、価格が高いというデメリットがあります。

最後に、フッ素塗料です。
耐用年数は、15〜20年と長く、光沢感と防汚性に優れており、信頼性も高いと言われています。
しかし、コストが高いのがデメリットです。

塗料によって、耐用年数が異なることを把握できたと思います。

□外壁を長持ちさせるためのメンテナンスとは

ここからは、外壁を長持ちさせるためのメンテナンスについてご説明します。
4つのポイントがあります。

1つ目のポイントは、掃除をすることです。
外壁を長持ちさせるためには、定期的な掃除が重要です。
「掃除だけで本当に変わるのか。」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、掃除をするのとしないのとでは、外壁の寿命が大きく変わってきます。

定期的な外壁の掃除には、「汚れがこびりつく前に簡単に落とせる。」、「見た目にもきれいな外壁の状態を長く保つ。」といったメリットがあります。
定期的な掃除をして、外壁をきれいに保ちましょう。

2つ目のポイントは、定期点検を受けることです。
定期的に掃除をすることは、もちろん重要ですが、ご自身だけでの掃除には限界があります。
また、外壁の劣化や不具合に気づきにくいです。
わざわざ点検を呼ぶのは面倒くさいというのもわかりますが、取り返しのつかない不具合を防ぐためには大切です。

3つ目のポイントは、シーリング補修をすることです。
シーリングとは、外壁材と外壁材の間、サッシと窓ガラスの間などに使用されるものです。
シーリングは外壁材よりも早く劣化が進行するので、早めに補修を行いましょう。

4つ目のポイントは、塗り替えをすることです。
外壁は時間の経過とともに、さまざまな劣化症状が出てきます。
劣化症状が見られるようになったら、すぐに塗り替えを検討しましょう。
定期的な塗り替えで、外壁を長持ちさせてください。

□外壁を長持ちさせるコツとは

外壁を長持ちさせるコツは何があるのでしょうか。
コツを2つ紹介します。

1つ目は、一度目の塗装はできるだけ早めに行い、そのときの塗装を耐用年数が長いものにすることです。
一度目に塗った塗装が長持ちすることにより、建物の傷み方はかなり和らげられます。
つまり、良い状態で機能性を保てます。
それによって、塗装以外の工事が発生する可能性が格段に低くなり、簡単な補修で済むでしょう。

また、期待通りの耐用年数と塗膜の性能が存分に発揮される外壁塗装の回数は、2〜3回と言われています。
もちろん、それ以上に塗り替えられますが、リスクも伴ってきます。
例えば、以前の古い塗膜ごとはがれてきたり、密着性が落ちてきたりすることです。
適切な回数の塗り替えを行うことが外壁を長持ちさせるコツとなっています。

2つ目は、家の置かれている環境に合わせて塗料を選ぶことです。
塗料を選ぶ際には、自身の家がどのような環境であるのか把握しましょう。
海沿いの雨が多い地域であれば、水に強い塗料が良いですし、雨が降らず乾燥している地域では、乾燥に強い塗料が良いです。
その土地の気候や環境によって、選ぶ塗料は変わってきます。

これらのコツをもとに外壁を長持ちさせてください。
外壁の長持ちが、その家の長持ちにもつながるので、きちんとメンテナンスをすることをおすすめします。

□まとめ

今回は、外壁塗装を長持ちさせるための方法をご紹介しました。
メンテナンスは定期的に行って、状況を細かく把握することが重要です。
外壁を長持ちさせて、外観からきれいに保てるようにしましょう。

当社では、外壁塗装を専門的に取り扱っております。
お困りのことがありましたら、お気軽に当社にご相談ください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ