君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

千葉県で外壁塗装についてお考えの方へ!劣化について解説します!

2021年2月13日

外壁塗装の劣化に関してお悩みの方はいらっしゃいませんか。
塗装の劣化は住宅全体の劣化につながります。
そこで今回は、外壁塗装の劣化について千葉県の塗装会社が解説します。
ぜひ参考にしてください。

□劣化する原因とは

外壁塗装が劣化する原因は主に3つあります。

1つ目は、紫外線や熱によるものです。
外壁の塗膜表面が太陽光の紫外線や熱にさらされると、塗膜が分解するため劣化が早く進行してしまいます。
紫外線の影響は、外壁塗装に大きな影響を及ぼします。

2つ目は、雨や風によるものです。
外壁は常に雨や風にさらされるので、ダメージを受けやすくなっています。
日常の雨や風だけではなく、台風による大雨や強風によって、特に劣化が進行します。

3つ目は、耐用年数によるものです。
建物や塗料には、耐用年数が存在します。
劣化の原因は、塗料自体の寿命ということも考えられますし、外壁自体の寿命ということも考えられます。
特に建物に寿命が来てしまうと、劣化の症状が必ず出てくるので気をつけましょう。

このように、日常的な要因が、劣化に大きな影響を与えているのがわかると思います。

□劣化の種類とその対処法とは

ここからは、外壁の劣化の種類とその対処法について見ていきましょう。

まず、はじめに紹介するのがチョーキングについてです。
これは、外壁が変色や退色したり、壁を触ると手に白い粉がついたりすることでわかります。
どちらの症状も、紫外線の影響を受けていることが原因です。

この状態を放っておいてしまうと、カビやコケが生えてしまいます。
すぐに塗り替えを行う必要はないですが、早めに点検をすることで異変が起きたときに対処しやすいです。
異なるトラブルが起きないうちに、外壁の塗り替えを行いましょう。

次に、外壁のひび割れについてです。
ひび割れの中でも、小さなひび割れと大きなひび割れがあります。

小さなひび割れの原因は、外壁の表面に塗られている塗装の経年劣化によるものです。
大きなひび割れの原因は、地震や地盤沈下など、大きな外的圧力によるものです。

対処法はそれぞれで異なり、小さなひび割れだと、フィラーを塗装し、その上から通常の上塗り材を重ね塗りすることで対処できます。
一方で、大きなひび割れでは、ひび割れ部分をカットし、内部にシーリング材を注入して割れをふさぐ必要が出てきます。

最後に、シーリングの劣化についてです。
これは、「シーリングに隙間がある。」や「シーリングが割れている。」などの症状があります。
シーリングに隙間があるのは、外壁の動きにシーリング材が耐えられなかったことが原因として挙げられます。
シーリングが割れているのは、シーリング材自体の劣化や寿命が原因です。

劣化したシーリング材の対処法としては、既存のシーリングを撤去し、新たにシーリング材を充填する「打ち替え」と、既存のシーリングの上に新たなシーリング材を被せる「打ち増し」があります。

このように、劣化の種類によって対処法も変わってくるので、自宅の外壁がどのような状態なのか、こまめに把握しておきましょう。

□外壁塗装をするときの注意点とは

ここでは、外壁塗装をするときに注意しておきたいことを3つ紹介します。
注意することを明確にして、トラブルを起こさないようにしましょう。

1つ目は、メンテナンスフリーの素材は存在しないことです。
現段階では、メンテナンスフリーの素材はありません。

しかし、メンテナンスフリーに近い素材はあります。
それは、タイルと樹脂系サイディングです。

タイルは汚れや雨水にも強く、25〜30年ほど持つと言われていますが、10年ごとに目地の補修を行う必要があります。
樹脂系サイディングはサイディング素材の中で最も耐久性のあるもので、30年ほどの耐久年数があります。
しかし、工事難易度が難しいというデメリットがあります。

2つ目は、DIYでのメンテナンスは危険ということです。
DIY自体は、安く済むかもしれませんが、リスクが伴います。
それは、専門的な知識が圧倒的に少ないため、適切な作業が行えず、失敗しやすいことです。
失敗してしまうと、塗装会社に頼むことになり、余計に費用がかかってしまうので気をつけましょう。

3つ目は、塗装期間の目安を把握しておくことです。
一般的な広さの戸建ての場合、最短でも10〜14日です。

しかし、工期が延びる可能性を考えていた方が良いでしょう。
なぜなら、天候やその家の状況によって、予定とずれることがあるからです。
工期が長いと感じるかもしれませんが、ひとつひとつの工程をしっかりやることが、塗装の長持ちにつながります。
ご自身が納得のいく外壁塗装をしてもらいましょう。

これらの注意点を頭に入れながら、外壁塗装について検討してください。

□まとめ

今回は、外壁塗装の劣化について解説しました。
劣化する原因について理解できたと思います。
劣化を防いで、きれいな外壁を保つようにしましょう。
もし、外壁塗装に関して不安なことがありましたら、お気軽に当社にご相談ください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ