君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

千葉県で外壁塗装がしたい方へ!ペットへの影響を解説します!

2020年9月13日

外壁塗装を検討している方も多いでしょう。
しかし、外壁塗装時にペットに健康被害が起こる可能性があると聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
このようなことを聞くと不安になりますよね。
そこで今回は、外壁塗装のペットへの影響を説明します。

□ペットへの影響の原因とは

健康被害は、人間だけでなくペットにも影響が及ぶ可能性があります。
ペットが健康被害に陥る原因には何が挙げられるのでしょうか。
以下で詳しく見ていきましょう。

1つ目は塗料に含まれる成分です。
塗料は油性と水性に分けられます。
特に油性の方には、さまざまな化学物質が含まれています。
そのため、その化学物質を体に取り入れることで具合が悪くなるでしょう。

具体的な成分にシンナーやVOCなどが挙げられます。
これらの臭いを吸ってしまうと、ペットはさまざまな体調不良を起こすでしょう。
さらに、間違えてペットが塗料をなめてしまうと、最悪の場合、死に至るケースがあります。
そのため、ペットが工事現場に近づかないように注意する必要があるでしょう。

2つ目は騒音です。
犬や猫などのペットは人間よりも耳が良いため、人間では耐えられるような音でも驚く可能性があります。

騒音は工事中、続くものと認識すると良いでしょう。
その中でも、足場を組んだり解体したりするとき、洗浄をするとき、機械を使って塗装をするときは、特に騒音が大きいです。
そのため、これらの作業をしている間はペットにより大きな負荷がかかるでしょう。

3つ目は作業員の出入りです。
外壁塗装は複数人で行われるため、多くの人が住宅の周りを行き来します。
大勢の知らない人がいると、敏感なペットは驚いて吠えたりストレスを感じたりするでしょう。

また、足場を組む際は複数人で声を出しながら行います。
そのため、大きな声となり、ペットが怯えてしまう可能性があります。
このような作業中はできるだけペットを離しておくことをおすすめします。

さらに、作業員目線でも、近くにペットがいると集中力が落ち、施工ミスにつながるでしょう。

□どのような影響があるのか

上記では、外壁塗装時のペットに影響を与える原因について説明しました。
「でも、健康被害といってもたいしたことではないだろう」と考えている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、状態によっては命に関わる場合があります。
それでは、一体どのような症状が現れるのでしょうか。

塗料の成分による症状では、食欲不振やアレルギーの症状が出るでしょう。
人間の場合も同じような症状が出ます。
しかし、犬や猫を飼っている場合、人間の何倍も鋭い嗅覚を持っています。
そのため、少しの臭いでもこのような健康被害が出る可能性があります。

また、騒音や人の出入りでは、ペットは驚いたり怯えたりするでしょう。
さらに、ストレスを抱える場合もあります。
見た目での判断は難しいため、普段の行動と異なる部分があるか確認することが大切です。

騒音の場合、特に外で飼っているペットは要注意です。
室内であれば少しは音の影響を受けにくいでしょう。
しかし、室外であれば音の影響も大きくなります。

□対策方法について

外壁塗装によってペットは、さまざまな影響を受けることがお分かりいただけたでしょうか。
そのうえで、対策方法について知りたいという方も多いはずです。
そこで、以下では対策方法について確認しておきましょう。

1つ目は、健康被害を及ぼす成分の含まれていない塗料を使うことです。
シンナーやVOCが含まれていない塗料には水性塗料があります。
そのため、ペットが近くにいても影響を受けることは少ないでしょう。

しかし、水性塗料は油性塗料よりも耐用年数が短かったり効果が薄かったりする可能性があります。
耐用年数とは、一度塗ってからどれぐらいの期間を同じ状態で保てるかを表したものです。

外壁塗装は大きなお金がかかるため、頻繁に行う方は少ないでしょう。
そのため、できるだけ耐用年数の長い油性塗料を使う方が多いです。
どちらにもメリットとデメリットがあるため、よく考える必要があるでしょう。

2つ目はペットを工事の現場から遠ざけることです。
工事の間だけ、住宅とは別の場所へ預けておくと、被害に遭う確率を下げられるでしょう。
知人に頼めるのであれば、友人や親族の家に預けるとお金もかかりません。
ホテルに預けるとお金はかかるものの、生活の心配をしなくて済むでしょう。

しかし、預けられる人やホテルがないという方もいらっしゃるかもしれません。
そのような方は作業しているところに近づけないようにするだけでも効果があるでしょう。
例えば、塗料を使用している間は室内に入れておき、乾くまで外に出さない、部屋に置き去りにしたまま外出をしないことなどが挙げられます。

□まとめ

今回は、外壁塗装がペットに及ぼし得る影響と対策について説明しました。
ペットも人間と同じように健康被害を受ける場合があるため、注意する必要があります。
当社は、外壁塗装を検討している方の理想を叶えるお手伝いをさせていただきます。
千葉県で外壁塗装をしたい方は、ぜひ一度当社にご相談ください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ