君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

千葉市付近にお住まいの方必見|外壁塗装の塗料の選び方について

2020年1月13日

「外壁塗装の塗料の選び方について知りたい。」
「外壁の素材や状態によって塗料を使い分けるメリットを知りたい。」
このような考えの方は多いのではないでしょうか?
外壁塗装は外壁の状態だけでなく、外壁そのもの寿命や、住んでいる地域の環境も考慮しながら選ぶと、より長く外壁の状態を維持できます。
この記事では外壁塗装の塗料の選び方について説明します。

 

□外壁塗装の塗料の選び方について

 

*シリコン塗料

外壁塗装をするのが初めてで、何を選べば良いか分からない人におすすめの塗料です。
シリコン塗料にも多少性能の違いはありますが、他の塗料と比較すると大きな違いはありません。
そのため、迷う時間も短くなり、塗料選びがスムーズに進みます。
価格も安価なものが多く、耐久年数は約7年~10年と言われています。

 

*耐久年数と価格を比較して選ぶ

各業者が塗料別の耐久年数と価格を比較した早見表を開示しています。
そのため、外壁自体の寿命が短いものは安価なものを選び、新築の場合は耐久年数が長いものを選ぶと良いかもしれません。
より詳細な耐久年数や価格は見積り書で分かります。
フッ素塗料は他の物に比べて価格が高いですが、耐久性が高いので耐用年数が長いのが特徴です。
長い目で見るとフッ素塗料の方がお得かもしれません。

 

*性能を重視する

上述したように各塗料に性能があり、周りの環境や気候を重視しながら選ぶことをおすすめします。
降雨量が多い地域は特に防水性が高いものをおすすめしますが、天候は問わず防水性や防カビ性ものを選ぶと、より外壁の寿命を延ばせます。
外壁の劣化の原因のほとんどが、雨水が中に入り込み、内側から劣化が進むことです。
そのため、防水性が高いシリコン塗料やアクリル塗料を選ぶと良いでしょう。

 

□外壁塗装の塗料の違いについて

 

*耐久性

塗料によって耐久性がかなり変わります。
元々の外壁の劣化状態によってもかなり左右されますが、耐久性は塗料によって最大10年変わります。

 

*性能

塗料にはそれぞれの性能があり、断熱性や防水性、汚れが付きにくいものなど様々です。
性能のみを重視する方もいらっしゃりますが、外壁の劣化状況や気候、環境も考慮した塗料選を心がけると、よりそれぞれの家に合う塗料を選べます。

 

*価格

高性能なものや質の高い施工技術を要する塗料は価格が高いものが多いです。
性能だけを重視すると価格は高くなる傾向があります。
なるべく予算以内で工事ができるように、価格も重視することをおすすめします。

 

□性能の種類について

 

*耐久性

促進耐候性試験によって耐久性がレベル別に区別されます。
そして、そのレベル別に耐用年数がかなり変わります。
耐久性が高い塗料ほど、光沢感は時間が経過しても失われにくく、表面に艶があるので汚れも付着しにくいです。

 

*防カビ性

外壁の素材の種類によっては水分を含みやすいので、常に湿っていることが多いとカビやコケが繁殖しやすいです。
また、見た目も悪くなるので家が全体的に汚い印象を与えてしまいます。
防カビ性が高いと、他の塗料に比べると繁殖しにくいですが、日頃から定期的に屋根や外壁の状態を確認することが重要です。

 

*耐酸性

金属製の外壁や釘止めしている場合は雨の影響でさびやすいです。
見た目が汚くなるだけでなく、塗料の性能も落ちるので耐酸性の塗料の使用をおすすめします。
そうすることで、酸性に対して変質しにくくなります。
特に降雨量が多い地域や酸性雨が降りやすい地域は使用すると良いでしょう。

 

*透湿性

上述したように外壁は水分を吸収しやすいため、常に湿度が高い状態を保っています。
湿度が高くなりすぎると、塗装の表面が中性化して塗装がはがれやすくなります。
また、湿気が溜まると、塗装と外壁の間に空気の層ができ、その空気が気温の上昇とともに気化して、表面へと空気が放出されます。
塗装の表面に気泡ができやすくなるので、透湿性はかなり重要な性能と言えるでしょう。

 

*遮熱性

外壁や屋根は常に太陽の下に晒されているので、夏場だと屋根の表面温度は60度まで上昇すると言われています。
その温度は表面でとどまらずに、屋内の気温にまで影響を与えます。
遮熱性の高い塗料を使用すると、室内の温度の上昇を防げるので冷房代の節約にも繋がります。

 

*耐洗浄性

外壁は砂やほこりで汚れやすく、その度にブラシでこすったり、洗剤を使用して掃除をしたりするのはメンテナンスの手間がかかるでしょう。
しかし、耐洗浄性が高いと、水洗いできるので手間が省けますし、大雨が降った時はそれだけで蓄積した汚れが洗い流されます。

 

□まとめ

今回は外壁塗装の塗料の選び方について説明しました。
外壁に適した塗料を選ぶだけで、外壁や家屋の寿命を延ばせます。
また、それぞれの塗料の性能や外壁自体の耐久年数も考慮して選んでください。
なるべく、再塗装の回数を減らすためにも外壁に最適な塗料を選びましょう。
千葉県にお住まいの方で質問やご不明な点がございましたら気軽に当社にご相談ください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ