君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

千葉在住の方へ!外壁塗装っていつすべき?最適時期をご紹介します!

2019年2月23日

「外壁塗装っていつぐらいからするべきなの?」と悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
ずっと暮らしていると、外壁の色が剥げてきている状況の方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、最適な外壁塗装の時期をご紹介していきます。
 

□最適な時期

外壁塗装を行う時期としてベストなのはやはり、湿度が低い日、晴れの日です。
そのため、梅雨の時期や冬の時期というのは比較的避ける方がほとんどです。
ベストなシーズンとしては、春や秋が比較的に湿度や天気も安定しているので春や、秋に行うことがタイミング的に良いとされています。
 

□外壁の兆候の知る

先ほどのシーズンを意識して外壁塗装をすることももちろん重要です。
しかし、もう一つ外壁塗装で重要なのがどのような症状が出たら外壁塗装をするべきなのかということです。
それでは、以下で、この兆候を見るためのポイントをいくつか紹介します。
 

*塗装の膜が剥れてきている

1つ目は塗装の膜が削れているということです。
これは、紫外線や雨、風などによって外壁がダメージを負うことで起こる症状です。
この剥れが起こると、外壁塗装の効果が薄れ始めていて防水性がないことを示しています。
そのため、このような症状が出始めたら外壁塗装をするようにしましょう。
 

*築年数が10年以上

もう1つはつく年数が10年以上経っているかどうかです。
だいたい外壁塗装で使われる塗料の耐用年数は10年前後です。
そのため、10年経つと必然的に効果が薄れてきて塗り直す必要性が出てきます。
塗料ごとによっても耐用年数が変わってくるので、どのような塗料を使っているのか調べておくようにしましょう。
10年経つとやはりどこかしら、不備が出てくる時期になります。
特に気になる点がなかった場合でも、専門の職人からしたら問題となっている部分もあるかもしれません。
そのため、10年という区切りを機会にぜひ、素人の目で判断するのではなく、専門の外壁塗装の業者に一度見て判断してもらうことをおすすめします。
 

□まとめ

今回は、外壁塗装をいつすれば良いのかわからない方に向けて最適な時期をご紹介しました。
ここでご紹介した、適切なシーズンや、外壁塗装をするべき症状の見極め方など、外壁塗装をする際の参考にしていただけたら幸いです。
当社では、お客様に寄り添って、外壁塗装を丁寧に行っています。
ぜひ、一度詳しく聞きたい方、相談したい方がいらっしゃいましたら、気軽にお問い合わせください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ