君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

千葉にお住みの方へ!外壁塗装に膨れが起こる原因と対策をご紹介

2020年3月8日

外壁塗装の膨れを見つけてしまったことはありませんか。
自分ではどのように対処すれば良いか分かりづらいのではないでしょうか。
また、何が原因で起こるのかどのように対策すればよいかきになるでしょう。
そこで今回は、千葉の業者が外壁塗装に膨れが起こる原因と対策をご紹介します。

 

□外壁塗装の膨れが起こる原因は何か

 

主に溶剤、水、塗膜の3つが主な原因となって起こります。
外壁塗装は、基本的に3回の工程を経て完成します。
まず下地を作り、次に中塗り、最後に上塗りです。
中塗りと上塗りの工程では塗料を塗りやすくするために溶剤を使用しましょう。

油性塗料であればシンナーです。
また、水性塗料であれば水でしょう。
これらの溶剤は揮発していきます。
そして次第に乾燥していき、塗膜ができてくるのです。
しかし、溶剤が揮発している途中で次の工程を開始する場合があります。
そうすると、揮発した溶剤は行き場を失い、上から新しく塗られた塗料が押し広がってしまうでしょう。
それが膨れにつながっていきます。

また、水も膨れの原因になりがちです。
外壁はサイディングボードとモルタルが主流でしょう。
サイディングは外壁に対して板をカットし、張り合わせていく手法です。
その際に使用される成型された板をサイディングボードと呼びます。

モルタルはセメントと砂、水を混ぜ合わせて練りこんだ材料です。
モルタル外壁は仕上げの種類が豊富であり、自由にデザインできるのが魅力でしょう。
溶剤の乾燥不良による膨れを防いても、これらのサイディングやモルタルから水分が蒸発すると、塗膜と素地の間に浸入します。
そして侵入した水分の温度が上昇すると、気化して膨れていくのです。

特にサイディングボードは蓄熱しやすいでしょう。
水蒸気の逃げ場がなく、塗膜側に染み出てきてしまう場合があります。
最近では、通気層を作り、水蒸気を逃がす方法が採用されています。
しかし、過去の外壁塗装では対策が不十分かもしれません。
また、モルタルの外壁では、細かい凹凸のある仕上げになる場合があります。
その場合は、塗料をしっかりと塗っていないと、すき間ができ、壁面と塗膜の間に空間が生まれます。
この空気によって塗膜が押し広げられる可能性もあるでしょう。

また、築年数が古く、2回以上塗装をしている場合には、塗膜が何層にもわたってできているかもしれません。
時間の経過とともに、塗膜は粘着力を失います。
そのため、新しい塗膜ができると、古い部分はその重さに耐えられず、剥がれてしまいます。
剥がれた古い部分は、新しい塗膜を広げ、膨れを生じさせる原因になりかねません。

 

□塗装選びや、塗装の方法で防げる

 

膨れにはいくつかの原因がありました。
これらは塗装の選び方ややり方である程度防げます。
弾性塗料には注意が必要です。
弾性塗料を使用すると、熱による水蒸気で膨れができてしまうでしょう。
これは主にモルタルやコンクリートのような外壁材にしようされる塗装です。
サイディングボードには使用しないようにするべきです。

また、溶剤の揮発が原因で膨れが起こっている場合には、溶剤が揮発する期間を十分に確保する必要があるでしょう。
下地、中塗り、上塗りの工程に間隔を空け、十分に乾燥させてから次の工程に進むのが望ましいやり方です。
特に気温が低い冬場は、夏に比べて、塗料が乾燥するのに倍以上の時間がかかります。
特に注意して乾燥させる必要があります。
これに関しては業者の技術力が重要でしょう。
ぜひ実績と腕前のある業者を探してみてください。

また、水の蒸発が原因で外壁の膨れが起こるのを防ぐには、透湿性の高い塗料を使うべきです。
凹凸のある外壁に対しては、下塗りのシーラーや塗料の希釈率を上げるのが効果的です。
少しなめらかな状態にすることで、凹凸のすき間にも塗料が行き渡っていきます。
古い塗膜が原因で膨れが起こっている場合には、塗装前に高圧洗浄を念入りにするのが良いでしょう。

粘着力の弱くなった塗料を剥がしてしまうことも考慮すべきです。
その後の乾燥もしっかりと行う必要があります。
外壁塗装はなかなか自分だけで修繕するできる箇所ではありません。
業者に依頼して再塗装を依頼するのがおすすめです。

また、膨れが起こらないように適切な処置を施すのは簡単ではありません。
数か月で膨れが起こる可能性もあります。
依頼する業者にしっかりとした技術力が求められます。
業者選びは手間を惜しまず、入念に行うべきでしょう。
その上で、建物と塗料に関して見識がある専門の業者に依頼し、実際に自分の家を調査してもらいましょう。

 

□まとめ

 

今回は外壁塗装に膨れが起こる原因と対策をご紹介しました。
この記事を読んで外壁塗装を再塗装したくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
その場合はぜひ当社のサービスをご利用ください。
当社は千葉にお住まいの多くの方から支持されています。
信頼と実績のある外壁塗装をいたしますので、ぜひご連絡ください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ