君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

千葉で外壁塗装を検討中の方必見!失敗しない外壁塗装の色の選び方をご紹介!

2020年5月30日

外壁塗装を考えているけど、どうやって色を選べばいいか分からず、悩まれている方はいらっしゃいませんか。
外壁塗装は頻繁に行わないため、悩み事は多いかもしれません。
そこで今回は、千葉県に在住の方に向けて、外壁塗装で起こりがちな失敗と色選びのポイント、ニーズに合う色について紹介します。

□外壁塗装でよくある失敗

外壁塗装でよくある失敗の1つ目はイメージ通りにならないことです。
塗装が終わってみると、イメージと仕上がりで色合いが異なることがあります。
業者と依頼主の間で希望の色の解釈が異なると、このような失敗が起こりやすいです。
色見本を用いると失敗が減らせるでしょう。
しかし、色見本も環境によっては見え方が異なるため注意しましょう。

失敗の2つ目は色の組み合わせが微妙になることです。
外壁の色のみを重視すると、思い通りの色になっても色の組み合わせに満足できない可能性があります。
外壁や外壁周りの屋根などの細かい部分にも塗装をすることを外壁塗装と言います。
そのため、外壁と付帯品を異なる色にしてしまうと、調和の取れていない仕上がりになるかもしれません。

失敗の3つ目は外壁の美しさが保てないことです。
住宅周りの環境が原因にもなりますが、色自体に汚れが目立つものや色あせが早いものがあります。
外壁はいずれ劣化していくものですが、塗装後すぐに発生するとせっかく塗った外壁が台無しになるでしょう。
好きな色を選んでも良いですが、機能性のある色を選んで長く楽しむのもいかがでしょうか。

失敗の4つ目は外壁の色が周辺の環境と調和していないことです。
自分の住宅が周辺の住宅や環境に合っていないと、周りから浮いて恥ずかしい思いをする可能性があるでしょう。
周りを確認して色を決定することで防げる失敗のため、事前調査を行うことが大切です。
また、地域によっては景観を守るための景観ガイドラインが存在します。
景観ガイドラインの確認を怠らないでください。

□外壁塗装のポイント

上記では外壁塗装でよくある失敗について説明しました。
これらの失敗を踏まえて、外壁塗装を成功させるポイントを紹介します。

外壁塗装の色選びのポイント1つ目は色をはっきりと決めて伝えることです。
業者にきちんとイメージを伝えることが必須です。
例えば、青色の外壁を希望する場合でもただ青色と注文するのではなく、明るい青などと色味を具体的に伝えましょう。

直接色見本を提示することも有効です。
蛍光灯と自然光の下では色の見え方が異なるため、色見本を確認する場所は屋外をおすすめします。
また、印象は壁の素材によっても変化するため、業者と連携をとり、納得してから塗装を始めてもらうことが重要でしょう。

ポイントの2つ目は調和がとれる色を選択することです。
外壁塗装では壁だけではなく、付帯品も塗装すると説明しました。
壁と付帯品の色が異なると統一感がなくなるため、仕上がりに不満を感じるかもしれません。
同系色でまとめると調和が取りやすいでしょう。
また、外壁の色を決めてから細かい部分の色を決めると失敗が減らせます。

ポイントの3つ目は景観ガイドラインがあるか確認することです。
地域によっては景観ガイドラインが適用されている地域があります。
景観ガイドラインとは街並みや周辺の環境を守るために建物に使える色を制限するものです。
景観ガイドラインを破ると塗り直しする必要が発生するかもしれないため、注意しましょう。

□カテゴリー別のおすすめの色を紹介

失敗に続いて塗装が成功するポイントを紹介しました。
しかし、ポイントが分かってもニーズに合った色が分からない方もいらっしゃると思います。
そこでカテゴリー別で色を紹介します。

1つ目は汚れに関する色です。
汚れが目立つ色は黒や白ですが、黒い家は汚れが目立ちにくいイメージがあるため驚いた方もいらっしゃると思います。
外壁が汚れる原因は排気ガスなどの黒っぽい汚れの他に砂ぼこりのような白っぽい汚れも存在するため、黒い外壁も汚れが目立つでしょう。
一方、ベージュ系の色にすると汚れが気にならないかもしれません。
外壁の美しさが保たれているように見えます。

2つ目は色あせに関係する色です。
色あせとはだんだん色が薄くなる現象のことです。
長い間放置された標識などの色が薄くなっているのを見たことないでしょうか。
紫外線を吸収すると色あせが起こります。

紫外線を吸収しやすい色に赤や紫があります。
これらの色の塗料を使用する場合は注意しましょう。
一方、青は紫外線を吸収しにくい色で、色が長持ちすると言えるでしょう。

3つ目は住宅がまとまって見える色を紹介します。
外壁とその他の部品を似た色にすると統一感が生まれるでしょう。
白とグレー系の組み合わせは人気です。
また、同系色でまとまらないと感じた場合は思い切って反対の色を取り入れてみましょう。
白と黒の組み合わせにするとメリハリのある住宅に仕上げられます。

□まとめ

今回は、外壁塗装で起こりがちな失敗と色選びのポイント、ニーズに合う色について紹介しました。
外壁の色を選ぶには付帯品や住宅の周辺環境、色ごとの特徴を考慮する必要があることをお分かりいただけたでしょうか。

  • 資料請求
  • お問い合わせ