君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

千葉で外壁塗装をお考えの方に向けて火災保険について解説します!

2021年7月14日

「外壁塗装において火災保険が適用される条件について知りたい」
「火災保険を利用するにはどのような手続きを踏めば良いのだろう」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

今回は、千葉で外壁塗装をお考えの方に向けて、火災保険ついて詳しく解説します。
外壁塗装を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

□火災保険が適用される条件について解説します!

みなさんは、火災保険が適用される条件についてご存じですか。
火災保険が適用されるのは、火災が起こった場合だけではありません。
火災を伴わない自然災害による被害を受けた場合も、保険がおりる可能性があります。

そこでこの章では、外壁塗装において火災保険を利用できる条件についてご説明します。
なお、ここでは住宅火災保険を例に挙げて解説します。

まず住宅火災保険は、戸建住宅向けの方に設けられている火災保険の一種です。
この保険の適用範囲としては、火災はもちろん、落雷や風災、ひょうや雪災などが挙げられます。
よって、落雷の発生や台風の衝撃で外壁が損傷した場合は、その箇所を修理するために保険を利用できます。

一方で、水災や水濡れによって修理が必要な場合は、住宅火災保険の対象外です。
そのため、洪水や集中豪雨で外壁が被害を受けても、保険は利用できません。
また、経年劣化や色落ちなど、災害とは関係のない理由で塗装工事が行われる場合も保険は適用されません。

自然災害と見なされて保険の適用となる細かい範囲については、それぞれの保険会社によって異なります。
そのため、火災保険を利用できるか気になった場合は、加入先の保険会社に一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

□火災保険の申請手順について解説します!

前の章で、火災保険の適用範囲についてご紹介しました。
広範囲にわたって適用されることに、驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこでここからは、火災保険を申請する際にどのような手順を踏めば良いのかについて解説します。
以下の5つの手順で申請が完了します。

1つ目は、火災保険の種類の確認です。
加入している保険の種類や、その保険の適用範囲、その他の契約内容について確認しましょう。

2つ目は、外壁塗装業者への連絡です。
塗装工事が必要だと感じたら、業者の方に損傷の調査を依頼してください。
また、今後の手続きに必要となる塗装工事の見積書の作成もこのタイミングで依頼します。

3つ目は、必要書類の作成です。
業者の見積もりが完了したら、申請に必要な書類を作成します。
加入している保険会社から必要書類を取り寄せて、個人情報や必要な工事の内容を記入します。
また、この際に損害箇所の写真の提出が求められる場合があるので、その箇所をきちんと撮影しておいてください。

主に必要となる書類は以下の3つです。

・保険金の請求書
・事故の報告書
・修理した箇所の工事見積書

書類漏れがないように、忘れずにチェックしましょう。

4つ目は、保険会社による調査です。
保健会社に依頼された損害鑑定人が、住宅の被害状況などを直接確認します。
その報告をもとに保険会社が内容を確認すれば、調査が完了します。

5つ目は、保険金の支払いです。
保険会社が上記の全工程を完了させ、保険が適用される範囲内だと判断した場合、保険金が支払われます。

ただし、1つ注意点があります。
それは、保険金が必ずしも塗装工事が始まる前に支払われるわけではない点です。
状況にもよりますが、保険金の支払いよりも先に工事費用の入金が必要な場合もあります。

基本的には、保険金の支払いは申請手続き開始から1ヶ月程度で行われます。
そのため、一旦自分で立て替えるか、業者の方と相談して保険金が入るまで入金を待ってもらうかのいずれかを選択しましょう。

□外壁塗装にあたって火災保険の申請を行う際の注意点について解説します!

最後に、火災保険を申請する際の注意点についてご紹介します。
注意点は、下記の3点です。

・被害を受けた後、必ず3年以内に保険の申請を行うこと
・施工完了後の工事であっても、申請が可能であること
・外壁塗装にかかる費用が免責金額未満の場合は、申請ができないこと

なお、免責金額は保険の条件や種類などによって1万円や5万円などの金額で設定されている場合が多いです。

加えて、外壁の損害状況を写真に残すことを忘れてしまう方も多くいらっしゃいます。
自分で被害を受けた場所を修正してしまった場合、火災保険の対象外となる可能性が高いです。
そのため、外壁塗装の工事が必要だと感じたら一番に、外壁塗装業者に連絡して指示を仰いでください。

□まとめ

今回は外壁塗装における火災保険の申請条件やその申請手続きについてご紹介しました。
火災保険は火災だけでなく、他の自然災害が起こった際も適用されます。
外壁工事が必要な場合は、本記事で説明した手順に沿って保険の申請をしましょう。
千葉で外壁塗装をお考えの方は、ぜひ1度当社へご相談ください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ