君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

千葉で外壁塗装なら|クラックとは何か解説します!

2019年7月12日

「業者に外壁塗装を依頼しようとしている」
「クラックについて詳しく知りたい」
このような方はいらっしゃいませんか?
せっかく依頼するなら、事前に詳しく把握しておきたいですよね。
そこで今回は、皆さんにクラックについて詳しく解説します。

 

□クラックとは?

クラックとは、塗膜の底まで割れている状態のことを言います。
塗膜は、時間が経つにつれて劣化が進行します。
劣化が進むと光沢が失われるのと同時に、基材との密着力も無くなるので注意が必要です。
クラックには、主に下記の4つの種類があります。

*ヘアクラック

幅が0.3mm以下のひび割れのことを言います。

 

*構造クラック

建物の構造上における欠陥などが原因で発生するひび割れのことです。

 

*乾燥クラック

モルタルなどの外壁材の乾燥途中に発生するクラックのことです。

 

*縁切りクラック

縁切れ部分が劣化することで発生するクラックのことです。

 

□クラックの危険性

ここでは、クラックのリスクをいくつか紹介します。

*雨漏りが起きる

クラックが起きると、雨水が侵入する可能性が高くなります。
その結果、時間が経つにつれて、室内の雨漏りが起きてしまうので注意してください。

 

*建物の耐性が落ちる

クラックを放置すると、建物の劣化が進行します。
例えば、サイディングやモルタルの下地が腐ることがあります。
その場合、外壁材を取り替える必要があるので注意しておきましょう。
また、クラックが原因で雨漏りが侵入した場合、シロアリが発生する可能性が高いです。
その結果、地震や火事などの災害に対する耐性が落ちてしまいます。

 

*見た目が損なわれる

外壁にクラックが発生すると、クラックの部分が目立ってしまい、建物の美観が損なわれる可能性が高いです。

 

□クラックを見つけた際にすべきこと

*クラックの幅を測る

クラックのリスクの高さは、幅によって異なります。
幅が0.3mm未満の場合、早急に対処する必要はないです。
しかし、それ以上の幅の場合は、点検してもらう方が良いでしょう。

 

*0.3mm以上1mm以下のひび割れの場合は応急処置をする

応急処置をする際、塗装に関する知識がない方や、不安のある方は業者に依頼するのが無難です。
当社では外壁塗装を行っているので、お困りの際はご連絡ください。

 

*業者に診断を依頼する

応急処置をしたからといって、長持ちするとは限りません。
処置をする際に、使用した材料や技術料によって耐用年数が違うことが多いです。
そのため、0.3mm以上のクラックがある場合は、業者に依頼することをオススメします。

□まとめ

以上、クラックについて詳しく解説しました。
クラックで悩んでいる方は、上記の内容を参考にしていただければ幸いです。

  • 資料請求
  • お問い合わせ