君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

専門家コラム

千葉でリフォームをお考えの方に向けて!火災保険の申請のポイントを解説します!

2021年7月21日

千葉で火災保険を利用したリフォームをお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、火災保険の申請についてです。
火災保険を申請するためには、必要書類や申請の手順について知っておく必要があります。
そこで今回は、火災保険の申請のポイントについて解説します。
気になる方はぜひ参考にしてみてください。

□火災保険でどのようなリフォームができるのか解説します!

そもそも、火災保険で家をリフォームできることを知らない方も多いのではないでしょうか。
多くの火災保険では火災をはじめ、風災、雪災、雹(ひょう)災などで家のリフォームが必要になった場合、補償が適用されます。
一方で洪水や集中豪雨などの水災については、補償の対象外となる可能性があります。

実は、火災保険の請求件数の中でもこれらの風水害や雪害による請求が多いです。
特に強風や台風などの風災は、年間を通して多い事故です。
風災では、火災保険の補償を利用して屋根や外壁、外溝などを修理する場合が多いです。

続いて、どのような場合に火災保険を申請できるのか、事故のケースごとに確認しましょう。

まずは、風災がどのような状況で補償の対象となるのか解説します。
強風によって建物の屋根や外壁、カーポートやフェンスなどが壊れた場合、修理費用を保険会社から支払ってもらえます。
窓ガラスが強風や飛来物によって割れた場合も、補償の対象となります。

また、風災の対象と認められるためには、最大瞬間風速が秒速20メートル以上であることが条件です。
ちなみに瞬間風速とは、3秒間の平均風速を指します。
よって最大瞬間風速は、3秒間の平均風速の最大値のことです。
1度でも瞬間風速が20メートルを超えていれば、補償の対象です。

次に、雪災や雹災の補償の対象箇所について解説します。

基本的には、大雪や激しい雹による屋根や雨樋、外壁などの建物の修理が対象となります。
また、カーポートやベランダ、フェンスなどの外構の破損部分なども修理の対象となります。

最後に、水災についてご紹介します。

水災で一番多いのが、大雨や大雪による雨漏りです。
雨漏りは広範囲で修理や補修が必要となりますが、雨漏りは基本的に補償の対象には入りません。
火災保険の補償の対象となるのは、台風などの風災が原因で雨漏りをした場合です。
風災や雪災などの自然災害による雨漏りであれば、火災保険による補償の対象となります。

集中豪雨などによって起きる土砂災害や洪水などの災害は、保険の契約内容によって対象かどうか決まります。
そのため、自分が契約している保険の内容を確認しておきましょう。

□火災保険の申請に必要な書類や申請時の注意点について解説します!

前の章で、火災保険が申請できる条件についてご紹介しました。
火災保険の補償の対象について、理解が深まってきたのではないでしょうか。
そこでここからは、火災保険に必要な書類について解説します。
火災保険を申請する際の必要書類は、以下の4つです。

・保険金請求書
・事故状況説明書
・修理見積書
・被災写真

保険金請求書、事故状況説明書は契約者であるお客様が記入する書類であり、それ以外の書類は依頼先の業者に記入してもらう必要があります。

続いて、申請を行う際の注意点を3つご紹介します。

1つ目は、火災保険の申請はご自身で行うことです。
必要書類を集めて、申請を行うことはそれほど難しくない作業です。
中には申請代行を実施している業者もいますが、原則として申請代行は認められていません。
なるべく、ご自身の手で責任を持って申請しましょう。

2つ目は、1ヶ月程度で保険金が支払われることです。
契約内容にもよりますが、多くの場合は請求の手続き完了から1ヶ月以内に保険金が支払われます。
場合によっては、保険金が支払われる前に修理費の入金が必要となるケースがあることを頭に入れておきましょう。

3つ目は、火災保険は何回でも使用できることです。
原則として、加入している火災保険の期間内であれば、利用回数に制限はありません。

□申請までの手続きにおけるポイントついて解説します!

最後に、申請手続きをご自身で行う際のポイントを2つ紹介します。

1つ目は、工事契約書に着工日や工事完了日が記載されているかどうか確認することです。
口頭だけで着工日が伝えられた場合は、後に工期の遅れが原因のトラブルが発生する可能性があります。
しっかりと記載されているかどうか、確認しましょう。

2つ目は、工事内容の確認をすることです。
例えば、屋根の棟板金を固定する材料が釘かビスかによって、固定する力は大きく変わります。
このように、工事内容について不明な点があれば、修理を依頼する業者に遠慮なく質問して不安を取り除きましょう。

□まとめ

今回は千葉で火災保険を利用したリフォームをお考えの方に向けて、火災保険の申請方法や申請時のポイントについてご紹介しました。
申請が適用される条件や、申請に必要な書類について理解を深めていただけたのではないでしょうか。
千葉でリフォーム修理をお考えの方がいらっしゃれば、ぜひ1度当社へご相談ください。

  • 資料請求
  • お問い合わせ