君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

現場ブログ

人生いろいろ

2021年9月10日

こんにちは。
君津市、木更津市、富津市の
外壁塗装でおなじみ、
ヒノデリフォームです(^^♪
いつもありがとうございます。

 

 

 

信号機の色が赤から青に変わった時、

娘になぜ緑色に見えるのに青って言うの?

と聞かれました。営業事務担当鈴木です。

 

緑信号じゃん。

 

みなさんも気になったこと、あるのではないでしょうか?

正しいとか間違っているとか、そういう問題ではないのです。

これは日本語の「青」が表す範囲の広さに理由があります。

 

緑色の野菜は青野菜と表現し、

サバやアジのような背が深緑色の魚を青物と言います。

他にも青りんご、青汁。緑なのに青です。

 

日本の色に対する歴史、文化が影響しているのです。

そもそも最初は緑信号だったらしいのですが、

日本の文化が色濃く出まして、

青信号と呼ぶようになったのです。

つまり日本だけが青信号と表現することになります。

 

日本は白・黒・赤・青の4色が特別なようで、

いずれも「い」をつけることで

形容詞になるのはこの4色のみです。

 

黄と茶は「色」「い」をつけることで

形容詞になります。

 

青い、黄色い、とはなりますが

緑い、緑色いとはなりません。

 

まだまだ色に関しておもしろい歴史、文化がありそうですね。

疑問を感じることもなく、なんとなく使っている言葉に

子どもは着眼し、なんでなんでマンになります。

 

そんな彼女たちにさらっとなんでも答えられる、

そんなお父ちゃんに鈴木はなります。

34歳にもなって、尚まだまだ学ぶことがたくさんあります。

これはとても素晴らしいことです。

 

ヒノデリフォーム、営業事務の鈴木としても、

なんでも答えられるようにならないといけません。

 

ヒノデリフォームにどれだけ上手に仕上げる

技術があろうとも、仕事をさせてもらえなければ

披露する場がありません。そこをつなげるのが

鈴木の仕事です。ヒノデなら安心して任せられると

言ってもらえるような案内を目指します。

 

では今回はこの辺で、また次回お楽しみに。

 

 

 

 

(お知らせ)

只今一部業務縮小をしています

お問い合わせは平日

9:00-12:00

13:00-17:00

お電話繋がる時間になりますのでよろしくお願いいたします。

君津市リフォーム、木更津市リフォーム、富津市リフォーム
外壁塗装や最近流行りのレスコハウス、ご相談ください。
お客様サポート  平井
【ご相談窓口】
お気軽にお問い合わせください。
電話番号
0439-29-5521

 

無料お見積もりはこちらから

  • 資料請求
  • お問い合わせ