君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォームへ!

君津市、木更津市の外壁塗装なら、住宅塗装専門店 ヒノデリフォーム

  • 成功実績。職人合計6000棟以上
  • 塗装簿プロフェッショナル
  • 業界唯一。ヒノデリフォームのこだわり
  • 専門店プラン。67万円など

現場ブログ

木更津市 真舟 外壁塗装工事

2023年7月3日

 

こんにちは。
君津市、木更津市、富津市、袖ヶ浦市の
外壁塗装でおなじみ、
ヒノデリフォームです(^^♪
いつもありがとうございます。

 

 

おはようございます♪♪ヒノデリフォーム平井です♪♪

 

 

金曜日の夜中の大雨大丈夫でしたか?

 

😢

 

 

 

平井家子ども達のお布団ビシャビシャでしたm(__)m

 

 

 

やられた~~m(__)m

 

 

 

 

またまたコインランドリーのお力を借りました…

 

 

 

 

最近洗濯機が壊れて1週間コインランドリーに通った平井は

めんどくさすぎて(笑)コインランドリー恐怖症になっておりました。(笑)

だって5人分多いんだもん~!とつい弱音(笑)

 

 

 

 

 

でも乾燥機凄いですね!ふあふわになるのでこの時期にはほんとに良い(*^^*)

 

事をやっと知った3x歳(笑)

 

 

 

ではでは今日もヒノデリフォームの現場を覗いて見ましょう💕

 

 

 

木更津市真舟2丁目K様邸です♪♪

 

 

 

 

工事前

外壁塗装工事

ヒノデリフォーム(株)

2023.3.9~

 

 

工事前

 

 

 

 

 

 

高圧洗浄マイクロ洗浄

 

 

「高圧マイクロ洗浄は、高圧で噴射された水を使用して表面を洗浄する工程です。

 

この洗浄法は、圧力をかけた水の勢いで汚れを落とすことができ、油汚れや日焼けなどの表面汚れを効率的かつ簡単に除去することができます。

 

また、高圧マイクロ洗浄は、表面処理の前段階の工程であり、塗装を行う前に表面を清掃し、汚れや脂質、塗装はがれなどを取り除くことができるため、塗装の耐久性や仕上がりの品質を向上させることができます。」

 

 

 

 

 

 

養生

 

 

「養生とは、塗装作業などを行う際に、周囲の環境や作業対象物を保護するための手法を言います。

 

具体的には、床や壁、家具、交通路などに塗料や汚れが付かないように、新聞紙やビニールシートなどを敷いたり、マスキングテープで保護することがあります。

 

養生を行うことで、作業の品質が向上するだけでなく、周囲の人々や環境への配慮も示すことができます。」

 

 

 

 

 

サビ止め密着材塗り

外壁塗装でサビ止め塗料を使うことの重要性は

サビによるさらなる被害が起こらないようにするため

サビをこれ以上発生させないためです。

 

 

 

 

下地強化剤塗り・下塗り

 

 

「下地強化剤は、建物や構造物の基礎や壁など、塗料を塗る前に下地を強化するために用いられる薬剤です。

 

下地強化剤は、下地の表面を引き締め、割れやヒビを修正することで塗料の密着力や耐久性を向上させます。

 

下地強化剤を塗布することで、塗料の剥がれやヒビ割れなどを予防することができます。

 

 

下地強化剤の塗布方法は、下地表面を磨いて平滑に整えた後、刷毛やローラーなどで薄く均等に塗ることが一般的です。

 

下地強化剤は、塗布してからしばらく時間をおいてから塗料を塗布する必要があります。

 

このような作業を下地調整といい、塗料の仕上がりを向上させるために欠かせない作業の一つです。」

 

 

 

 

 

 

 

中塗り

 

 

「中塗りとは、建物や構造物の外壁や屋根などの外装塗装工程の一つで、下塗りと上塗りの間に行われる塗装作業のことを指します。

 

下塗りで施工された下地処理の後、中塗りで中間の保護と耐候性を向上させてから上塗りをします。

 

中塗りの目的は、下塗りで表面を整えた後、表面の傷や凹凸などの不均等を埋めつつ、塗膜の艶や透明感を均等に調整し、上塗りをしやすくすることです。

 

また、中塗りには塗料の密着性を高める役割があり、下塗りで処理した下地の保護効果も向上させることができます。

 

中塗りの塗料は、高分子樹脂や添加剤からなる塗料で、下塗りよりも塗膜が厚くなっています。

 

また、一般的には、2液型中塗り塗料が使われることが多く、硬化剤を加えることで塗料の硬度や耐久性を高めることができます。」

 

 

 

 

 

 

仕上げ塗り・上塗り

 

「仕上げ塗りとは、建物や構造物の外壁や屋根などの外装塗装工程の一つで、中塗りの後に行われる、最終的な仕上げの塗装作業のことを指します。

 

仕上げ塗りの目的は、工程全体の仕上げとなるため、色や艶、撥水性、耐久性を良好に仕上げ、建物や構造物に美しさと寿命を与えます。

 

また、最後の仕上げとなるため、美しさだけでなく、損傷や汚れなどから塗装面を保護することも求められます。

 

仕上げ塗りで使用される塗料は、一般的に中塗りよりも硬化剤の比率が多く、耐久性や耐候性が高い塗料です。

 

外壁用の場合、一般的にはエマルション塗料やシリコン系塗料が使われます。

 

また、屋根用の場合は、塗料の種類によって異なりますが、アクリル系やシリコン系の塗料が使われることが多いです。

 

仕上げ塗りにおいて、塗装には厳しい管理と技術が必要であり、塗装の進め方にも工夫が必要です。

 

塗料の含有量や塗り方に気を配ることで、ムラや垂れ、塗り跡を防ぐことができます。

 

また、気温や湿度、風向きといった環境条件にも配慮しなければなりません。

 

仕上げ塗りは、建物や構造物の外装に大きな影響を与える重要な工程です。

 

適切な塗料の選択、塗装技術の習得、そして環境条件にも配慮しながら、美しさと耐久性を両立させることが求められます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ベランダ防水

 

 

 

 

工事後

 

 

完工

ヒノデリフォーム(株)2023.3.20  足場解体

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(お知らせ)

只今一部業務縮小をしています

お問い合わせは平日

9:00-12:00

13:00-17:00

お電話繋がる時間になりますのでよろしくお願いいたします。

君津市リフォーム、木更津市リフォーム、富津市リフォーム、袖ヶ浦市リフォーム
外壁塗装や最近流行りのレスコハウス、ご相談ください。

【ご相談窓口】
お気軽にお問い合わせください。
電話番号
0439-29-5521

 

LINE公式ラインアカウント⇓

QRコード

もしくは

【 596vkfji 】←← 検索してね♪

土日のお問い合わせはメール✉お待ちしております♪

【sakichi.shoji@gmail.com】

 

 

 

無料お見積もりはこちらから

  • 資料請求
  • お問い合わせ